Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

米国では新型コロナウイルスの流行以降、Instacartのような買い物代行サービスの利用者が20倍以上に急増。パンデミックの最前線で働いているのは、不定期で働くデリバリースタッフだが、感染リスクが高まる中でも、働きたいと思う者は少ない。その中で、できるだけ感染被害が軽減できる接客、配達の方法を開発することと、リスクがある中でもモチベーションを高められる報酬体系を構築することが、急増する注文件数に対応してサービスを提供していくための鍵になっている→会員レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2020/3/31 が最新号です)

2020年3月在宅勤務普及で再考されるオフィスの役割と費用対効果
2020年3月パンデミックで潮目が変わる賃貸経営と投資の方向性
2020年3月コロナショックの中で生き残る不動産大家の行動計画
2020年3月高速売買が引き起こすコロナショック株価暴落の特性
2020年3月ヘッジファンドが発掘するオルタナティブデータの価値
2020年3月ヘッジファンドのAI分析を意識した個人投資家の戦術






 
Page top icon