Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

スーパーマーケットや家電量販店で導入されはじめている「電子棚札(ESL)」は、キャッシュレス決済と並んで、リアル店舗を変革するツールとして注目されている。ネットの価格相場に合わせて店頭価格を自動更新したり、食品の賞味期限に連動して段階的な値下げに行うなど、ダイナミックプライス(変動価格)の導入が実店舗でも可能になる。ESLの市場については、導入実績でリードする欧州や米国、デバイスの品質や性能で勝負する日本、デバイス価格の安さをウリにする中国が、それぞれ世界シェアの獲得を競い合っている→会員レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2019/7/17 が最新号です)

2019年07月売掛金を買い取るファクタリングサービスの役割と仕組み
2019年07月ファクタリングのビジネスモデルと新サービス開発の視点
2019年07月請求書管理と統合される電子ファクタリング事業の方向性
2019年07月キャッシュレス決済と電子棚札で変わる未来店舗の輪郭
2019年07月店舗が導入するダイナミックプライス設備の費用対効果
2019年07月顧客の心理を読み取る商品棚割とスマホマーケティング






 
Page top icon