Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

パンデミック以降の米国経済は、在宅勤務者が支える「working-from-home economy(WFH経済)」が形成されている。もしも、リモートワークができない環境のままパンデミックが起きていれば、世界経済は崩壊していた。コロナ収束後も、企業は感染症対策を意識するようになるため、WHF経済は従来の労働市場を変革していくことになる。リモートワークを新たな経済圏と捉える考え方は、従来の国境を超えたものになり、経営者と従業員の双方にとっても、仕事の進め方、働き方の価値観を転換していく必要がある→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2021/1/8 が最新号です)

2021年1月パンデミック後の国際ビジネスを変革するWHF経済の特徴
2021年1月リモート経済圏で形成される高度人材の新たな労働市場
2021年1月リモートワークに適応したオープン給与制度の構築方法
2020年12月2021年有望ビジネスの着目点(収益構造からみた貧富格差)
2020年12月2021年有望ビジネスの着目点(縮小インフレと小売業再編)
2020年12月2021年有望ビジネスの着目点(コロナ禍で加速するIT投資)






 
Page top icon