Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

2009年から本格的に普及しはじめた太陽光発電は、国が定めた固定価格買取制度(FIT)による売電期間(10年間)が2019年末から随時終了していくことになり、新たなステージを迎えることになる。今後も安い単価であれば電力会社に売電をしていくことは可能だが、FITの卒業を契機として、電気の自給自足に取り組む「オフグリッド生活」が注目されはじめている。このトレンドは電気自動車の普及や地方移住への人気ともリンクしており、「消費者のライスタイルにも変化が生じていくとみられている→会員レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2020/1/17 が最新号です)

2020年1月 ECサイトの注文率を高めるレビューマーケティング動向
2020年1月 信頼できるレビューを管理するプラットフォーム事業
2020年1月 ローカルビジネスで重視されるグーグルレビュー対策
2020年1月 ソーラー電力買取終了で広がる家庭用蓄電池の普及形態
2020年1月 中古EVバッテリーを活用した蓄電池ビジネスの方向性
2020年1月 電気を自給するオフグリッド生活と太陽投資家の出口戦略






 
Page top icon