Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

キャッシュレス社会が進む中では、月末の残高不足に陥る人も増えてくる。現状では、クレジットカード利用者の約1割が、カード決済の分割払いリボ払いで高い金利を払いながら急場を凌いでいる。この層に向けて、新たなローンサービスを開発することがFintechの事業テーマになっており、AIが利用者の詳しい信用審査をすることで、最安の貸付金利を提示するアルゴリズムの開発が進められている→会員レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2019/3/22 が最新号です)

2019年03月 フィンテックが狙う多重ローン利用者向けの貸金ビジネス
2019年03月 高金利ローン市場から生まれるAI融資審査のテクノロジー
2019年03月 多様化する貸金業のビジネスモデルとアマゾンの貸金事業
2019年03月 ネット社会で拡大するデジタル資産の価値と遺産相続の形
2019年03月 アナログからデジタルに変わる資産承継と終活サポート
2019年03月 ブロックチェーンで形成するデジタル資産の収益化モデル






 
Page top icon