Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

ハイテク化されたロボット型の無人店舗は、「Amazon Go」などが海外で実験的な店舗として展開されているが、日本ではローテク型の無人店舗が2020年頃から急成長している。発端となったのが、餃子販売店が料金箱に代金を入れて貰う方式の無人店舗を開設したところ、コロナ禍のテイクアウトブームと相まって人気化したことで、この業態を模倣した餃子の無人販売所が全国で急増している。それ以外でも、ローテクな無人販売ビジネスが成り立つ商材を開拓することは可能で、日本独自のビジネスチャンスが広がっている→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2021/10/18 が最新号です)

2021年10月 リモートワーク普及で成長するヘアロス対策の市場構造
2021年10月 毛髪ケアユーザーの集客報酬とヘッドスパサロンの新業態
2021年10月 自分の髪を収益化する副業と医療用ウィッグの業界構造
2021年10月 ローテク設備で急成長する餃子無人販売所の採算構造
2021年10月 無人販売に適した商材発掘の視点と出店スペース開拓
2021年10月 規制緩和で容認される無人マイクロビジネスの攻略点






 
Page top icon