起業家のための成功法則
  
Top > 起業家のための成功法則
  大学教授になるまでには険しい道が待ち受けているが、定石どおり大学機関の中で純粋培養されて教 授職にまで辿り着いた人ばかりではなく、民間企業からいきなり助教授や教授職へと転身している人も少なくないが、そこには以下のようなカラクリがある。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
サラリーマンの実戦経験を活かして
大学教授になる道
written in 2005/7/28

 「働くこと」と「勉強(研究)すること」が一致することを理想とするサラリーマンは多い。自分の好きな研究テーマに携わることで生計を立てていければ、それほど幸せなことはない。しかし営利を追求する会社の中で“好きな研究”に没頭することはかなり難しい。そこでいま注目されているのが、サラリーマンから大学教授への転身である。大学教授になるまでに普通は、助手や講師とった長い下積み期間を経てようやく“教授”へと辿り着くことができるが、近頃ではそのルートとは別に、サラリーマン時代の実績を買われて大学教授へスカウトされる人が少なからずいる。

少子化の時代を迎えて、大学は斜陽産業と言われる中で、入学者の対象を社会人へと広げていることから、企業での実戦を積んだ社会経験の豊富な指導人材が不足している。意外にも、国立大学や私立大学が採用したい“教授”の求人情報は広く告知されている。その採用条件としては、小中高の教師のように“教員免許”が必要なわけではなく、教育者としての資質があり、特定の分野で優れた研究実績を持つ人材であれば、博士号の有無に関わらず門戸は開かれている。

しかし、誰もが簡単に大学の教員職に就けるわけではない。大学側が求める人材には、やはり人気の特徴や傾向がある。近頃では、大学も自立した経営をして黒字化が求められるために、経営センスに長けた優秀なビジネス人材の採用を望んでいる。また、時代を先取りした学部を新設する大学も増えているため、研究テーマによっても教員採用の需給バランスがある。2005.6.23 号では大学が生き残りをかけて、社会人や企業向けの教育事業に力を入れている動向を紹介したが、今回はそんな大学業界の状況を踏まえて、サラリーマンから大学教員へ転身する道について考えてみたい。
起業家のための成功法則一覧へ

この記事の核となる項目
 ●大学教員の世界の実態と魅力について
 ●大学教授になるまでの平均的な道のり
 ●大学教員の平均年収について
 ●大学教授になるための条件、資格など
 ●サラリーマン転身型の大学教員が求められる理由
 ●大学教授への道:学会を活用した研究実績の蓄積
 ●大学教授への道:研究者が著書を持つことの強み
 ●社会人と企業を顧客として取り込み始める大学ビジネスの行方
 ●資格取得ブームの裏で下落する資格の価値と崩れる資格商法
 ●知財社会を担うサラリーマン技術者が独立起業を果たす道


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2005.7.28
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。


■この記事に関連したバックナンバー
 ●サラリーマン時代とは異なる商売人の利益感覚を身につける視点
 ●敏腕サラリーマンからコンサルタントへの独立起業
 ●崩れた終身雇用神話の中でサラリーマンが磨くべき“商品価値”
 ●「いつか起業したい願望」から脱却した「すぐに始める起業」の発想
 ●会社を辞めるリスクを取らずに“株主”となって起業する方法
 ●個人ではなく家族で考える独立起業プランのススメと開業生存率
 ●“技術”を商品として独立していくITエンジニア達の稼ぎ方