副業・スモールビジネス事例集
  
Top > 副業・スモールビジネス事例集
  家庭菜園で収穫された野菜をフリーマーケットなどで販売することは、農家の資格がなくても行うことができる。しかし、それだけでは魅力的な収入にはならないことから、パン、ジャム、餃子などの自家製食品の製造にチャレンジする人もいる。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
家庭菜園の収益化と
自家製食品を製造販売する副業ノウハウ
JNEWS会員配信日 2015/8/27

 副業からスタートするビジネスは、できるだけ日常生活に身近であったほうが長続きする。趣味として家庭菜園や料理を楽しんでいる人は多いが、これもやり方次第では副業として収益化することが可能だ。

家庭菜園で収穫された、キュウリやトマトなどの野菜が、家族だけでは食べきれずに余ってしまうことがあるが、それらをフリーマーケットや青空市場などで販売することに法律的な問題はない。自宅の庭以外でも、広い畑を借りで作物を栽培している人であれば、プロの農家ではなくても、収穫物から収益を得ることはできる。

ただし、種まきから収穫にかかるまでの時間と労力、経費などを考えると、単に野菜を売るだけでは儲かるビジネスとはならない。それよりも現実的な副業となるのは、自家製食品を調理して売ることだ。

食品を販売するには、保健所の許可申請が必要になるが、それをクリアーすれば、自家製のパン、ジャム、餃子、キムチ、漬け物など様々な食品を、店舗やネットで販売することもできるようになる。

食品製造の作業場として、家庭の台所をそのまま使うのはNGだが、営業用の設備基準に沿った改装をすることで許可を取得することは可能。ただし、それが自宅の環境面で難しかったり、改装費用が高くなってしまうようなら、居抜きの飲食店を借りる方法がある。

最近では、廃業する飲食店が増えているため、調理したい食品の種類に適した厨房設備が整っている空き物件は見つけやすい。通販や出張販売を目的にした食品製造の作業場は、立地条件が悪くても構わないため、月額数万円の安い家賃でも調理の条件に合う物件を見つけやすい。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です)



JNEWS会員レポートの主な項目
 ●副業としての不動産仲介ビジネス
 ●外国人旅行者に着目した副業テーマ
 ●ハンドメイド作品を販売する副業モデル
 ●家庭菜園の収益化と自家製食品の販売
 ●廃業した飲食店を活用した副業モデル
 ●中古車オークション代行は儲かる副業か?
 ●急増する空き家対策ビジネスとセカンドハウス投資
 ●自然素材の調味料に着目したスモール食品メーカー
 ●ローカル知識を収益化する観光ガイドの副業
 ●開業コストを抑えて走る移動販売ビジネス

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.8.27
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
 ●安全な野菜を求める消費者から支持される生鮮品宅配の採算
 ●自宅のニワトリが産んだ卵を毎朝食べる自給自足の新スタイル
 ●世界の食料不足に備えたアーバンファーム(都市農業)への着目
 ●有機農業ブームを追い風に成長するミミズ飼育のサイドビジネス
 ●フードトラックからスタートするナチュラルフードビジネス



(副業・スモールビジネス) / (トップページ) / (JNEWSについて)