米国では、ドライブスルー方式による駐車場での販売手法が「Curbside Pickup(カーブサイド・ピックアップ)」と呼ばれ、スマートフォンによるモバイルショッピングと連携し始めている。JNEWSについてトップページ
ドライブスルーを進化させたカーブサイドピックアップ

JNEWS
JNEWS会員配信日 2020/8/8

 コロナ禍では、eコマース(通販)やデリバリー(宅配)の利用率が高まっているが、ドライブスルーはそれに次ぐ、第三の販路として注目されている。米国では、ドライブスルー方式による駐車場での販売手法が「Curbside Pickup(カーブサイド・ピックアップ)」と呼ばれ、スマートフォンによるモバイルショッピングと連携し始めている。

Curbside(カーブサイド)とは、道路の縁石を意味する言葉で、オンラインで事前注文をした後、店舗の駐車場まで取りに行くと、店のスタッフがピックアップ済みの商品を、車のトランクに積み込んでくれるサービスである。

米国大手のスーパーチェーン、ウォルマートでは、米国内の2000店舗以上でカーブサイド・ピックアップサービスを提供している、顧客は、自宅のPCやスマホアプリから生鮮品や日用品などのオンライン注文を、来店の4時間以上前に済ませると、来店しても店舗内に入る必要は無く、駐車場でピックアップ済みの商品を受け取ることができる。

このサービスは「Walmart Grocery Pickup」として、2015年頃から一部のウォルマート店舗からスタートしたものだが、コロナ禍では、売上の3割近くをオンライン注文が占めるようになり、駐車場受け取りの利用者が急増している。それに伴い、ピックアップ対応の店舗を2020年末までには3000店に増やす計画だ。

Free Grocery Pickup at Walmart
■Walmartピックアップの紹介映像

カーブサイド・ピックアップの採算は、顧客に代わって店のスタッフが商品のピックアップをする分だけコストがかかる。ウォルマートでは、注文合計の最低価格を35ドルに設定して、従来よりも客単価を高めることで、ピックアップサービスの手数料を無料にしている。

一方、アマゾン傘下のホールフーズ店舗でも、カーブサイド・ピックアップ型の駐車場受け取りサービスを2018年から開始している。買い物1回あたりのピックアップ手数料は4.99ドルが基本だが、年間119ドルの会費を払うAmazon Primeのメンバーに対しては、無料で利用できる特典を与えている。

コロナ禍では、カーブサイド・ピックアップの利用者が殺到しているため、各店舗では、希望者にはウエイティングリストに登録してもらい、準備が整った時点で招待メールを送信する方式にしている。

Whole Foods Grocery Pickup

米国では、新型コロナの感染状況によっては、店舗内の営業規制がかけられることを想定して、大手のスーパーチェーンやコンビニが、駐車場での商品受け渡しを行えるカーブサイド・ピックアップの導入を急いでいる。

《米国カーブサイド・ピックアップの仕組み》

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2020.8.8
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したJNEWS会員向けバックナンバー
リアル店舗が活路を開く来店不要のVRコマース導入モデル
アフターコロナに訪れるニューノーマルのビジネスモデル
返品対応を円滑にするクリック&コレクトの新業態開発
産直販売とeコマースを連携させた新ローカルフード事業
フードトラックの進化形と宅配レストランのビジネスモデル
※バックナンバー用ID、PASSWORDを入力してご覧ください。


(海外ビジネス事例)/(トップページ)/(JNEWSについて)/(Facebookページ)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2020年8月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。
 
Page top icon