健康関連ビジネス
  
Top > 健康関連ビジネス
  QOMLとは「quality of my life」の意味で、超過労働が続く医療の現場から医師達が、もっと自分の生活や家庭を大切にしたいという気持ちから、ワークススタイルを変革しようとする動きが、医師達の中から出始めている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
医師の業界に起こるフリーランス化の動きと
QOMLの価値観
JNEWS会員配信日 2011/5/4

 医師の働き方といえば、病院に勤務しているか、自分でクリニックを開業するのが一般的だが、最近では、そのどちらにも当てはまらない「フリーランスの医師」が増えてきている。勤務医の世界では、超過勤務が当たり前で、自分の健康を害してしまう人も少なくない。そうかといって、開業するには億単位の資金が必要になり、誰でも独立できるわけではない。

そこで、医師達の間に「QOML(quality of my life)」という考え方が浮上してきた。これは、人生や生活の質を重視した働き方を目指すもので、具体策として、超過勤務をすることが無く、開業による多額の借金も抱える必要が無い、フリーランス医師として活動することが、家庭と仕事を両立させたい医師を中心に広がっている。

フリーランスといっても、アルバイトで依頼を受けた病院に勤務するのが主流。つまりは、医師のフリーターというわけだが、彼らの時給は1万円前後というのが相場で、1日10時間の勤務なら10万円になる。月に10日間働くだけでも年収1千万円を超す計算だ。

ただし、フリーの医師を継続していくためには幾つかの課題がある。一つは、特定の所属先が無いために、最新の医療技術や知識を独力で身につけていく必要があること。もう一つは、アルバイトの職探しも自分で行わなくてはいけない点などだ。

それでも、フリー医師が、一般的なフリーターや派遣社員と異なるのは、常に最新の知識を入手できる学会組織や、出身大学からの人脈による勤務先の紹介ルートが存在していることである。“病院”という組織に所属しているか否かに関わらず、“個人”の立場で参加できるネットワークが形成されていることは、コワーキングに相当するものといえる。

《医師の世界における人脈ネットワーク》

  

フリー医師が増えていることは、女性の医師が増えていることと関係している。1965年に女性医師の割合は、医師全体の 9.3%であったのに対して、2008年には18.1%(5.1万人)にまで上昇している。

これにより、家庭を大切にしたい女性のフリー医師が増加したことに加えて、男性医師の中でも「病院内で出世すること」に見切りを付けて、フリーとして独立する人達が出始めている。特に、外科手術をする際に不可欠な「麻酔医」については、空前の売り手市場になっており、フリーになることで勤務医の時代よりも、年収が2倍以上になることもある。

健康関連ビジネス一覧へ

この記事の核となる項目
 ●スウェーデン企業、イケアにみるコワーカーの台頭
 ●世界で増えるコワーカーの特徴と、彼らに向けたオフィス事業
 ●世界で増えている非正規労働者の実態
 ●欧州のパートタイム労働者推移
 ●飲食店を改装したコワーカー向けオフィス
 ●震災を契機としたフリーランス人材の活躍
 ●震災が引き起こしたフリージア革命
 ●医師に起こるフリーランス化の波
 ●医師の世界に広がるQOMLの価値観
 ●リアルコミュニティとして広がるコワーキングのオフィス形態
 ●安全志向で増えるチキン起業とパートタイムビジネスの接点
 ●モノ作り立国の頭脳となる研究者の育成と資金調達ルート
 ●ネットビジネスの現場で調達されるオンデマンド労働者の実態
 ●労働時間をプールして自由に引き出せる時間貯蓄の働き方
 ●クラウドワーカーが変えていく労働市場と社会事業の方向性


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2011.5.4
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

■この記事に関連したバックナンバー
 ●玉石混淆の健康サービスが生き残る医師との協業ビジネス
 ● ITで付加価値を高める高度人材の特徴とワークスタイル
 ●雇われない働き方へと移行する頭脳をウリにしたプロ人材
 ●患者の懐具合によって決められる医療サービスの松・竹・梅
 ●サラリーマンからフリーランスへと転身するプロの中間管理職
 ●会社経営者より高収入を稼ぐフリーランサーの知的資産管理術