副業・スモールビジネス事例集
  
Top > 副業・スモールビジネス事例集
  壊れた自動車やバイクをDIYで修理して蘇らせるレストアを趣味として楽しむ人が増えている。入門編として、原付バイクの「モンキー」は高く、ヤフオクから数万円程度で落札した故障車を再生して、中古相場で売却することが副業としても成り立っている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

 
JNEWS公式
SNSアカウント

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
壊れた不動バイクを再生する
レストア趣味からの副業への飛躍
JNEWS会員配信日 2016/5/7

 老朽化や故障して動かなくなった自動車やバイクを修復して、完動車の状態に再生することは「レストア(restore)」と呼ばれている。ヤフオクでは、レストアのベース車両となるような故障車が出品されているため、それらを落札して完動車の状態に戻すことは、趣味として人気が出始めている。

初心者が低予算でスタートできるものでは、車検制度が無く、構造が簡単な低排気量の旧車バイクがお勧めだ。ヤフオクで「レストアベース+バイク」の検索をすると、故障して動かないまま放置されていたバイクが、数万円程度で多数見つけられる。

その中でも、ホンダが昭和40年代から発売して、現在も新車の生産が続けられている原付バイクの「モンキー」は、レストア車両としての人気も高い。国産のバイクであるため、日本語の整備マニュアルと、純正パーツ、カスタム用の社外パーツも豊富で、入手しやすいのが理由のようだ。

モンキーの実動車は中古市場でも、新車とそれ程変わらない価格で取引されているため、不動車のレストアに成功すれば、中古製品としての価値を高めることができる。



※出所:中古バイク検索サイトWebike

故障したまま長期間放置されたバイクの修復を業者に頼めば、高額の費用がかかるが、個人がDIYで直すためのパーツは、1個あたり数百円から数千円で調達することが可能だ。アマゾンを検索すれば、様々な新品パーツを購入することができるし、中古パーツを専門に扱う通販サイトも充実してきている。

個人のレストア作業は、あくまで趣味の領域ではあるが、作業の工程を動画で公開することで、大量のアクセスが集まり、広告収入を稼ぐことができたり、再生したバイクを売却することで、趣味から副業へと飛躍している例もある。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です→記事一覧

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●故障した不動バイクを再生するレストアの趣味市場
 ●高騰するジャパニーズ・クラシックカーの価値
 ●民泊需要で見直される古民家と老朽マンション
 ●築古住宅のリノベーションと再生コスト
 ●中古家具リフォームの副業モデル
 ●修理マニュアルの作成+部品販売のビジネスモデル
 ●部品供給で変わる製品の寿命と資産価値
 ●不動産バブル再燃の主役となるサラリーマン大家と金融業界
 ●自動車業界から学ぶ中古ビジネスの再構築とオークション取引
 ●弟子入り修行からスクールビジネスへと変わる職人養成の養成市場
 ●DIYによるマイホーム価値の向上策とフォークロージャー投資
 ●消費者のDIY生活を支援する新たなエキスパート職の台頭

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2016.5.7
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ



(副業・スモールビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)