健康関連ビジネス
  
Top > 健康関連ビジネス
  医療の現場では人工知能搭載ロボットにより医療ミスを減らす研究がされている。調剤ロボットは処方箋のバーコードを読み取り、該当の薬を取り出して指定の分量だけ自動的に調剤するため、薬剤師がミスをするリスクを大幅に軽減することができる。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
学習効果を高めて医療ミスを軽減するための
人工知能ロボット
JNEWS会員配信日 2015/9/28

 病院や診療所ではヒューマンエラーによる医療ミスが深刻な問題になっているが、人工知能搭載のロボットによりミスの発生を減らそうとする研究も進められている。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の付属病院、UCSFメディカルセンターでは、2011年からロボットによる調剤システムを導入している。医師が電子的に出した処方箋にはバーコードが記載されており、それを受け取ったロボットが情報を読み取って該当の薬品を取り出し、指定の分量を調剤する仕組みになっている。調剤された薬は、看護師が処方箋のバーコードと一致していることを確認した上で、患者に与えられる。

病院にとって調剤ロボットの導入は、薬の種類や量を間違える人為的なミスを減らせることと、薬剤師の人件費を軽減できる、二つのメリットがある。現時点では、米国の法律により、ロボットに調剤させても、薬剤師がその場にいることが求められるため、薬剤師の仕事がロボットに奪われるということはないが、法律が改正されると、薬剤師の職が脅かされる可能性がある。

調剤ロボットに搭載される人工知能は、症状と薬の作用についての矛盾を発見したり、薬と薬の飲み合わせや副作用のチェックも行えるため、医師が間違った薬を処方した場合でも、患者に薬を与える前に医療事故を食い止めることができ、その精度は調剤の経験を積むほど高くなっていく。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です)

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●弁護士の仕事をサポートする人工知能
 ●医療ミスを軽減するための人工知能ロボット
 ●人工知能で自動作成される記事コンテンツ
 ●ポータルサイトの記事自動作成による増収モデル
 ●顧客の深層心理を読み取る人工知能
 ●重要シーンを自動編集してくれるAIカメラ
 ●人工知能開発のビジネスモデルについて
 ●眠れるデータを発掘して収益化するビジネスモデル

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.9.28
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
 ●パーソナルロボット販売のビジネスモデルと開発現場
 ●ロボットに奪われるホワイトカラーの仕事と近未来の労働市場
 ●アマチュアが牽引する最先端ロボットのコンテストと市場動向
 ●進化するロボット技術で人件費を軽減させる介護ビジネス
 ●IoTビジネスの幕開けと家電メーカーのビジネスモデル転換



(健康ビジネス) / (トップページ) / (JNEWSについて)