ミステリーショッパーの仕事は、店舗オーナーからの依頼により、調査員が顧客を装って店内の様子や接客態度を覆面調査するもので、小売店や飲食店の内部を探れるため、米国では自分の店を将来持ちたい人から人気となっている副業。
独立開業を目指したミステリショッパーの副業

JNEWS会員配信日2017.2.17

  本業と並行して行う副業に適した仕事の特徴として、以下のような項目が挙げられている。すべてに合致する仕事はないと思うが、この中の幾つかに当てはまることが望ましい。お金のためだけに、嫌いな仕事を続けることは苦痛だが、自分の夢や目標に関連したテーマを見つければ、副業へのモチベーションも変わってくる。

たとえば、飲食業で起業したいという目標がある人にとって、レストランでアルバイトをすることには、時給以上の価値がある。店のスタッフとなることで、給料を貰いながら、飲食店の調理、接客、マーケティングや経営ノウハウを学ぶことができるためである。

本業と並行しながら、毎週決められた時間に働くのが難しいということであれば、フリーランスの立場で関われる仕事を見つけることもできる。店の経営に関心のある人からは、店内の様子や接客態度を覆面調査する「ミステリーショッパー」の仕事が副業として人気だ。

米国には、ミステリーショッパーのオンデマンド人材を採用している調査会社が多数あるため、その中から信頼できる業者に登録をして、指示に従った調査を行う。調査のクライアントは、その店のチェーン本部やオーナー経営者である場合と、ライバル企業の場合がある。


※ミステリーショッパー事業を展開するMarket Force社

ミステリーショッパーの仕事は、顧客を装いながら店内の調査を行い、スマホのカメラで店内を隠し撮りすることもある。1回の調査にかかる時間は約30分で、報酬相場は7ドル前後。調査の結果に対しては、クライアントからのレビューが付き、高評価の調査員ほど仕事が増えていく仕組みだ。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて


この記事の完全レポート

JNEWS LETTER 2017.02.17

※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
趣味と実益を兼ねた「本業+副業」のマルチワークスタイル
ノーリスクで副収入を得るための着眼と長続きする副業の条件
会社を辞めずに実行する副業の進め方と事業テーマの見つけ方
残業から副業へ変わるエリートサラリーマンの生計モデル
FLと人時売上高を基準に組み立てる飲食ビジネスの限界点
安全志向で増えるチキン起業とパートタイムビジネスの接点
シングルタスクからマルチタスクへ変わる時間管理と働き方

(副業・スモールビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年2月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon