完全歩合(フルコミッション)で働く人材は自分の成績を上げるモチベーションが強い一方で、職場内の人間関係が殺伐として新規の人材が育ちにい欠点がある。それを解決するため、チーム単位で成果報酬を与える「チームベースペイ」の仕組みが考案されている。
コミッション人材の報酬制度とチームベースペイ

JNEWS会員配信日 2017/3/23

 スタッフを“社員”として雇用するのではなく、完全歩合の委託方式で採用する店舗業態は、もともと米国の美容業界から広がったもので、「コミッションサロン」と呼ばれている。業態としては古くからあるものだ。

委託美容師の報酬体系は、顧客が支払う料金の40~70%で、キャリアを重ねるほどレートが上がるように設定されている。カットやパーマなど施術の他に、化粧品や美容製品を販売することによる手数料も上乗せされるハイブリッド方式の報酬体系が構築されているケースが多い。

この方式は、モチベーションの高い美容師が集まりやすい反面、新規の人材が育ちにくい欠点がある。ベテランの美容師が固定客を既に獲得しているため、経験が浅い美容師は“自分の顧客”をゼロから獲得することが難しくなる。そのため、美容師の定着率は低く、職場(店内)の雰囲気も殺伐としてチームワークが損なわれるという欠点が指摘されている。


そこで最近では、成功報酬のレートを下げて、時間給と併用する給与体系へと回帰する動きが出ている。さらに、個々の美容師に成功報酬を与えるのではなく、チーム単位での売上目標を掲げて、その達成率に応じてチームのメンバー全員にインセンティブを与える「Team-Based Pay(チームベースペイ)」という報酬体系も考案されている。

チーム単位の報酬プログラムでは、メンバー全員の実力や労働意欲が一律ではなく、足手まといになるメンバーが出る懸念がある。しかし、ダメなメンバーも育てなければ目標の成果を達成することはできないため、メンバー同士がスキルを教え合ったり、コミュニケーションが活発になる効果が期待できる。この方法では、経営者が個々の美容師を管理する必要はなく、新人の教育や勤務シフトの調整についても、チームのメンバー間で自発的に行われる。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.3.23
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
ゆとり世代の仕事の価値観と高年収を稼げるリモートワーク
働き方改革で浮上する在宅勤務制度導入に向けたノウハウ開拓
社員の"やる気"を引き出す独立支援/のれん分け制度の研究
成果報酬型エージェント組織による営業ネットワークの再構築
経営者と労働者の所得格差を生み出す株主報酬の仕組みと特徴
非正社員向けボーナス制度の導入とリバース・メンタリング
※バックナンバー用ID、PASSWORDを入力してください。

(起業家の成功法則) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年3月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon