起業家のための成功法則
  
Top > 起業家のための成功法則
  起業を諦めてしまう人に最も多い理由は「自己資金が足りない」と考えていること。しかし、実際に起業した人達の層では、「多額の資金が無くても起業はできる」と考えていて、100万円未満の資金で起業する人の割合も高くなっている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
「シニア」とは呼ばない定年退職者の
起業意欲と開業スタイル
JNEWS会員配信日 2015/5/6

 日本では、満60歳の誕生日が定年退職の日となるのが通例。定年を65歳にまで引き上げる会社も出てきているが、そもそも米国では、定年制度自体が年齢差別にあたるとして、法律で禁止されている。採用面接の際にも、応募者の年齢を聞いてはいけないし、履歴書に年齢を記入する義務もない。また、欧州でも年齢差別に対する訴訟が起きており、定年制度を見直す動きが出てきている。

これからの社会は、シニア、高齢者というグループ分けをするのではなく、すべての年齢層を平等に扱う中で、優秀な者を選抜する方式へと変化していくことになるだろう。

 定年を迎えても、健康なうちは働き続けることが、これからの標準的なライフスタイルになっていくだろうが、勤務形態や時間に縛られる働き方は、できることなら避けたいと考える人は多い。

そこで、「雇われる」のではなく「起業」という選択肢もあるが、実際の起業意欲は、年齢が高くなるほど減退しているのが実態である。

日本政策金融公庫が、全国の18歳から69歳までの男女、約7万5千人を対象に行った「起業意欲に関する調査(2013年)」によると、「起業に関心あり」と回答しているのは、20代は28%であるのに対して、50代で17%、60代では9%にまで減少している。



ただし「以前は関心があった」という人達を含めると、どの年齢層でも約3割が起業願望を抱いており、自分に実現できるか否かという点で、年を重ねるほど諦めてしまう傾向があるようだ。

同調査の中では、起業しない最大の理由は「自己資金が不足していること」が指摘されており、起業に無関心な人は、起業に関心がある層よりも、平均年収が低いことが明らかになっている。



その一方で、実際に起業した人の開業資金をみると、100万円未満の資金で事業を立ち上げている人が5割以上を占めており、「多額の資金がなければ起業できない」という意識的なハードルは、工夫次第で回避することができる。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です)

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●中高年者はなぜ大学に戻るのか?
 ●2年制短期大学(コミュニティカレッジ)新たな役割
 ●実需に基づく中高年者のキャリアアップ市場
 ●年齢差別の排除と社会人向け学習市場
 ●中高年者の起業意欲と開業スタイル

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.5.6
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
 ●高騰する大学授業料と対峙するオープンエデュケーションの波
 ●価値が下落する学歴社会に求められる教育投資効率の考え方
 ●母校を起点とした人脈作りと実名制コミュニティの活用方法
 ●60代以降の起業者を増やすシニア・アントレプレナー支援市場
 ●若年の起業とは異なるシニア起業の事業モデルと収益プラン

(起業家の成功法則) / (トップページ) / (JNEWSについて)