ベッドのマットレスがeコマースに適した商材であることを実証したのが「Casper」。メーカー直販による高品質で安い価格設定、宅配便で発送しやすい梱包方法と100日間の返品保証を付けることで、20~30代の若い世代の顧客層を開拓している。
寝具業界を変革する新興マットレス企業のビジネス

JNEWS会員配信日 2017/12/9

 人間にとって睡眠は最も重要な時間でありながらも、ベッドのマットレスには無頓着な消費者が多かった。それでも、マットレスの価格は高くて、体に合わなくても容易に買い換えることができない。これが不眠症の原因にもなっている。

従来、世界の高級マットレス業界は「SIMMONS(シモンズ)」と「Sealy(シーリー)」という2大メーカーが独占しており、数十年にわたって、流通経路や高価な価格設定が維持されてきた。そこに変化が起き始めたのが、スプリングコイルが入っていない、反発性能が高い素材のマットレスが普及しはじめたことである。

スプリングレスのマットレスは、軽量で梱包がしやすいため、オンラインでも販売することができる。そこに着目したのが、2014年に米ニューヨークで創業した「Casper」というスタートアップ企業で、深い睡眠に最適な反発性能を追求したマットレスを独自に開発して、大手メーカーのおよそ半額にあたる550ドル(シングルサイズ)の設定でオンライン直販している。

マットレスをオンラインで購入できるサイトは他にもあるが、大きな荷物になるため送料だけで100ドルを超してしまうのが欠点。しかし、Casperでは梱包方法にも工夫を凝らして、マットレスを圧縮してコンパクトなボックス(54×54×104センチ)で発送できるようにした。これは、自転車による宅配サービスでも運べるよう設計されたもので、送料は無料、100日間の返品保証まで付いている。

Casperのマットレスは、商品アイテムが絞り込まれており、自分に合うマットレスの堅さに悩むことがなく、ネットで手軽に注文できる(体に合わなければ返品すればよい)ことが消費者にとってもわかりやすい。また、届いた商品の箱を開封するアンボックス動画が YouTubeに投稿されやすいことも追い風となり、 20~30代の若者から口コミが広がっている。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

JNEWS会員レポートの主な項目
・マットレス業界に起きる変革トレンド
・睡眠薬に代わる睡眠改善ビジネスの開発
・睡眠インセンティブの導入と関連デバイス
・シフトワーカー向け不眠対策ビジネスの着眼点
・企業向け仮眠ポッドとカプセルホテル業界の接点
・エリート人材が実践する睡眠への自己投資
・通勤コストとストレスを解消したリモートワーク・カンパニー
・心地良い睡眠の仕組みを解明・分析するスリープトラッキング
・ウォーカブルシティへの都市再生と街をスコア化するビジネス
・エリート女性を離脱させないためのフレキシブルワーク開発
・医療費を削減する健康インセンティブ事業の仕組みと開発商機

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.12.9
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(注目の新規事業) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年12月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon