注目の新規事業テーマ
  
Top > 注目の新規事業テーマ
   
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
高ストレスのメカニズムを読み解く
メンタルヘルス対策市場
JNEWS会員配信日 2014/5/30

 世の中がどんなに便利になったとしても、人間が抱えるストレスが軽減されているわけではない。むしろ、昔よりもストレスは高くなっているが、それはどんな特性によるものなのだろうか。

ストレスに関する研究は、1967年に、社会学者のトーマス・ホームズと内科医のリチャード・レイが、5千人の精神的に不調な患者を対象に、その原因となったストレス項目を調べて点数化した「社会的再適応評価尺度」というものが、現代のメンタルヘルスにおいても指針となっている。

人間は本来、“生活上の変化”に対してストレスを感じる習性があり、その変化が大きくなると、うつ病などの発症確率が高くなる。そこで、日常の生活で起こる様々な変化を「ライフイベント」として、各イベントがどれだけ重いストレスなのかを点数化したものが、以下の表である。

ストレスは、生活上の「悪い出来事」だけではなくて、「良い出来事」に対しても感じるのが特徴で、「結婚」という人生のイベントを基準値(50点)として、ストレスの強度が比較されている。

過去1年の生活で、これらのストレス合計値が 300点を超している人の80%が、翌年以降に健康を崩し、200〜300点のストレス負荷でも、5割の人が健康に何らかの問題が生じると報告されている。



上記の項目をみると、強度が高いストレスは、プライベートな問題が大半を占めている。配偶者の死、離婚などの不幸には最も重いストレスがかかるが、結婚や妊娠、新しい家族が増えることなど、幸せな出来事に対しても、新たなプレッシャーとしてストレスを感じている。

また、「長期休暇」や「クリスマス」は、楽しいイベントと捉える人が多い一方で、「休日を一緒に過ごす人がいない」という孤独感や、「経済的に休日を楽しむ余裕が無い」という貧困から、ストレスを感じている人もいる。

これらのストレス特性は、1960年代に調査されたもので、今の生活にも当てはまるが、現在では、さらに高度なストレス判定の方法も開発されている。


この記事の核となる項目

 ●仕事で生じるストレスの多様化と許容量について
 ●ビジネスパーソンが抱えるストレス項目
 ●人によって異なるストレス耐性と遺伝子タイプ
 ●意識とは異なるストレスの正体と男女の差
 ●ストレスフリーの職場環境を構築するビジネス
 ●ストレスフリーのサテライトオフィス計画
 ●エリートチームを形成するプロジェクトワーカーの就労形態
 ●サバティカル休暇を活用した社員のモチベーション向上と雇用調整
 ●オープンな職場と仲間を好むコワーカーとしての就労スタイル
 ●労働時間をプールして自由に引き出せる時間貯蓄の働き方


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2014.5.30
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
(注目の新規事業リスト) / (トップページ)