ビジネスモデル事例集
  
Top > ビジネスモデル事例集
 
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
融資先を数百件に分散してリスク軽減する
ソーシャルレンディング
JNEWS会員配信日 2015/7/22

 ソーシャルレンディングによる融資サービスが考案されたのは、2005年頃からのことで、米国の「Prosper(プロスパー)」や「Lending Club(レンディングクラブ)」、英国の「ZOPA(ゾーパ)」などのソーシャルレンディングサイトが、その頃に創業している。

当初は、オンライン上の消費者金融サービスとして軽視されていた。しかし、個人の貸し手(投資家)がリスクを分散させながら、借り手に対して融資を実行できる仕組みは、事業者向けローンとしても採用することが可能であり、余剰資金の新たな運用先としても注目されるようになってきている。

■Prosper(米国:2006年開始、融資累計額は約40億ドル)
  https://www.prosper.com/
■Lending Club(米国:2007年開始、融資累計額は約90億ドル)
  https://www.lendingclub.com/
■ZOPA(英国:2005年開始、融資累計額は約9.5億ポンド)
  http://www.zopa.com/

ソーシャルレンディングの仕組みについては、2013.10.14号で解説したことがあるが、基本的な構造は変わっていない。上記のプラットフォームサイトはいずれも、自社で資金を融資するのではなく、資金の貸し手と借り手を仲介することで、マッチングが成立すれば成功報酬としての手数料を徴収するビジネスモデルになっている。

ただし、貸し手にとっては、貸し倒れのリスクがあるため、融資先を数百件に分散させることをルールにしているのが特徴。たとえば、100万円の資金を運用したい個人投資家であれば、1万円ずつ 100件の借り手に対して融資を行うようにする。それならば、不良債権化する融資先があっても、損失を最小限に抑えることができる。

プラットフォーム内では、借り手希望者が信用状況によってランク分けされており、信用ランクが高いほど貸出金利は低く、信用ランクが低いほど貸出金利は高く設定されている。そのため、貸し手は、金利条件とリスクのバランスを考慮しながら、融資先を分散したポートフォリオを組んでいく。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です)





JNEWS会員レポートの主な項目
 ●ソーシャルレンディングの仕組みと金利設定
 ●投資対象としてみたソーシャルレンディング
 ●訳ありローンから目的別ローンへの移行
 ●国内のソーシャル金融ビジネス動向
 ●年率5〜6%を狙うソーシャルローン投資
 ●不動産を担保にしたローンファンドの仕組み
 ●金融業界の勢力図を塗り替えるネット銀行の台頭と顧客開拓
 ●仮想通貨ビットコインが巻き起こす送金システム革命
 ●新たな自動車購入のスタイル開発とローン金利設定のトリック
 ●株式よりも安定した利回りを狙う社債投資と中小企業の資金調達
 ●保証人制度改正で浮揚する新たなマイクロ金融の取引モデル

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.7.22
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(ビジネスモデル事例リスト) / (トップページ) / (JNEWSについて)