Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

最近の音楽視聴スタイルはネットが主流になっていることから、有名アーティストの中でも音楽ストリーミングサービスへ楽曲を提供するケースが増えてきた。一方で、コロナ禍における資金繰りや相続対策などで、ヒット曲の一部権利を売却するアーティストも増えている。近年では、ストリーミングサービスで収益化される権利のみを売買することが可能となり、そこに投資ファンドの資金も流れていることから、音楽著作権の新たな投資ビジネスが加熱してきている。→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2021/7/17 が最新号です)

2021年7月 ネット小売業の躍進と共に増える返品商品の解決ビジネス
2021年7月 コロナ禍で急増する返品詐欺の手口と対策ソリューション
2021年7月 購入前試着プログラムの売上効果と返金商品の清算市場
2021年7月 脱炭素社会が向かう資源インフレで伸びるレアメタル回収
2021年7月 EV普及に伴うガソリン高騰のシナリオと中古車市場の崩壊
2021年7月 牛肉が食べられなく時代の代替肉開発とメタン削減ビジネス






 
Page top icon