Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

急速な円安が進む中で、日本製品を海外に輸出するスモールビジネスが個人の副業としても注目されている。1970~80年代に生産された日本製のカメラ、ギター、オーディオ製品などは海外でジャパンヴィンテージとして人気が高まっている。たとえば、日本のリサイクルショップなどで3万円で仕入れた商品を、eBayに出品して300ドルで売ると、現在の為替レートでは約1.2万円の粗利益を得ることができる。円安の時代には、メルカリなどで国内転売をするよりも、ドル建てによる個人輸出を手掛けるほうが、同じ商材でも利幅を取ることができる→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2022/9/23 が最新号です)

2022年9月リモートセールスによる見込客開拓と営業代行の新形態
2022年9月バイヤーズジャーニーを意識したインバウンドセールス
2022年9月広告費ゼロで成長するテスラのインサイドセールス戦略
2022年8月円安を追い風にしたスモール輸出ビジネスの立ち上げ方
2022年8月内外価格差を狙った高級品転売とニッチ有望商材の発掘
2022年8月コレクションを兼ねたジャパンヴィンテージの個人輸出






 
Page top icon