Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

コロナ禍では、飲食店が深刻な影響を受ける中で、唐揚げ専門店への業態転換が流行っている。唐揚げの材料となる鶏肉は、牛肉や豚肉と比べて仕入原価が最も安く、そこに調味料や米のコストを加えても、唐揚げ弁当の原価率は30%前後に抑えられている。 調理も簡単なため、常時2~3人のアルバイト店員で店を回すことが可能。テイクアウト率は約8割と高いため、ワタミ、すかいらーくなど大手の飲食チェーンもFCビジネスを展開しはじめている。→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2020/10/21 が最新号です)

2020年10月 フランチャイズ加盟による法人企業の多角化経営モデル
2020年10月 人気化する唐揚げ専門店の収益構造とFC加盟店の出口戦略
2020年10月 国から報酬が支給される「制度ビジネス」参入の新分野
2020年10月 2重就職でダブルインカムを実現する新ワークスタイル
2020年10月 大学研究者の兼業システムと雇用シェアリングの仕組み
2020年10月 短時間正社員制度を活用した働き方改革と人件費軽減策






 
Page top icon