Viewpoint of JNEWS LETTER (JNEWS Facebook page)

日本の学校部活動は、コーチ役となる教員の負担が重くて限界に達しており、外部指導者を起用するなど、地域と連携した運動部の改革が急務の課題として浮上して浮上している。 しかし、指導者に正当な報酬を払うためには、従来の部活動予算だけでは足りないため、各部活が新たな収益源を作っていく必要もある。米国では、寄付を募ることの他にも、チームグッズの販売や地元企業をスポンサーに付けることなども行われており、少年スポーツとビジネスとの関係性が深くなっている→会員限定レポート

about JNEWS.com

JNEWSは、電子メールを媒体とした“JNEWS LETTER”での有料(個人:月額500円、法人:月額1,500円~)による情報提供サイトです。Web上では過去に配信した情報の一部を一般公開しています。会員向の情報を深く知りたい人のために無料お試し登録を用意しています。以下のフォームからメールアドレスを登録をすると完全レポートのサンプルが届きます>>詳しい解説

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。

JNEWS会員向けに配信している現在の最新情報(2022/6/30 が最新号です)

2022年6月 デジタル変革で生じる薬局業界の再編と薬剤師の働き方
2022年6月 調剤薬局の集客ツールとなる電子お薬手帳のビジネスモデル
2022年6月 大幅ディスカウント販売される米国処方薬の業界構造
2022年6月 部活動改革で変わる少年スポーツの組織構造と参加形態
2022年6月 米国部活動の運営スタイルとコーチ人材の収益構造
2022年6月 部活動の民間委託で生じる少年スポーツ商業化の方向性






 
Page top icon