従来の個人ローンは 、申込者の属性に関係無く同条件の金利が設定されているが、将来の年収が高いと予想される高学歴エリート人材を対象として、低金利の融資を行うローン事業が米国で開発されている(JNEWSについて
高学歴エリート向けローン事業とリファイナンス市場

JNEWS
JNEWS会員配信日 2019/3/22


 一般的なローン金利が高いのは、利用者層のターゲットを広くして、融資審査も簡略化しているためである。逆に、利用者を信用ランクの高い層に限定したローン商品を開発すれば、デフォルト率は低くなり、低金利による融資でも採算が合うはずである。

そうした考えに基づき、高学歴エリートを対象にしたローン事業を展開しているのが、プリンストン大学の卒業後にハーバード大学大学院のMBAも取得した創業者が、自身も学生ローンで苦労した経験から、2013年に設立した「Earnest」といいう学生向けローンサービスである。

Earnestでは、ローンの申込み時に、在学中の大学名に加えて、銀行口座の取引履歴や貯蓄残高にアクセスできる権利を認めたユーザーに対して、一般の学生ローンよりも低金利(年率2.54~6.99%)の融資を行っている。

その中でも重視しているのが、大学で取得予定の学位で、その種類やランクによって、将来年収の価値算定をして、融資条件を決める仕組みである。具体的には、米国で上位25位内にランキングされる大学で、医学、歯学、薬学、法律、MBAなどの学位が高く評価されている。

《学位別にみた卒業生の平均年収(米国上位25大学》

米国では、エリート大学ほど学費が高いことから、ローンを抱えながら就学する学生は多いが、Earnestのように将来年収のAI分析により、低金利ローンを実現させる業者が登場してきたことで、ローンの借り換え(リファイナンス)市場が活況になってきている。たとえば、MBAの学位取得者は、従来の学生ローンから、Earnestの低金利ローンに借り換えをすることにより、平均14,740ドルの節約になると算定されている。

Earnest

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

JNEWS会員レポートの主な項目
・給料前借りサービスの普及と問題点
・給料を担保にする米国ペイデイローンの仕組み
・貸倒率を減らして利用者を増やすAIローン審査
・高学歴エリートを対象にしたローン事業の開拓
・最安業者を選べるオークション型ローン仲介ビジネス
・アマゾンが参入する貸金業のビジネスモデル
・キャッシュレス社会で浮上する新エリート層の特性
・アナログからデジタルにシフトするローン督促ビジネス
・ハイリスク案件に投資をするソーシャルレンディング
・日本の金融事情に適応したFinTechの視点と開発商機

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2019.3.22
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したJNEWS会員向けバックナンバー
アナログからデジタルにシフトするローン滞納の督促業務
日本の金融事情に適応したFinTechの視点と開発商機
保険業界の変革で求められる専門職とFinTechと参入テーマ
店舗で受け取った釣り銭を資産運用するリアルおつり投資
個人ローンに傾倒する地方銀行のネットバンク戦略
ハイリスクファンドに投資をするソーシャルレンディング
※アクセスにはJNEWS会員ID、PASSWORDが必要です。

国内Fintech金融ビジネス動向の関連書籍

(海外ビジネス事例)/(トップページ)/(JNEWSについて)/(Facebookページ)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2019年3月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。
 
Page top icon