人工知能による画像認識は、企業マーケティングにも活用されはじめている。消費者が商品の撮影した画像からロゴマークを認識させることで、特別なアプリを 使わずに専用サイトなどへの誘導が行えるようになる。
画像認識AIにを活用した企業マーケティング

JNEWS会員配信日 2017/3/14

 人工知能の中でも「画像認識」は、最も普及が進んでいるカテゴリーである。
たとえば、街中で気になる新車を見つければ、車名がわからなくても、写真を撮ってグーグルの画像検索にかければ、該当する自動車メーカーの公式サ イトや、その車のレビュー情報などが表示される。同じく、誰が制作したかわからない美術品も、写真を検索フォームにアップロードすることで、作者 名を調べることができる。

個人の写真アルバムとして利用する「Googleフォト」の中でも、アップロードした写真から、写っている人物、撮影した場所、イベント(出来 事)などの情報が自動的に認識されている。手動でタグ付けをしなくても、過去に保存された写真ライブラリーの中から、キーワード検索で目的の写真 を引き出すことが可能になっている。この機能は、「Google Cloud Vision API」として、外部の開発者にも公開されている。

 企業が画像認識エンジンを活用すれば、自社の商標やロゴを不正利用している事案などは容易に発見することができる。しかし、新たな顧客を増や すような、プラスの効果は得られないため、画像認識の技術を開発する会社では、画像を起点にマーケティングができるような事業プランのほうが、ク ライアントへの訴求力は高くなる。

アイルランドが本社のLogoGrab社は、企業ロゴの認 識を専門とした人工知能ソリューションの会社で、ネットに投稿されたコンテンツの中で、どんなユーザーがどの場所でロゴマークが映った映像や写真 をアップしたのか分析することを得意としている。



この技術は、広告代理店がクライアント企業のマーケティング活動を展開する中で、広告効果を測定するために活用されている。さらに、クライアン トの商品ロゴを活用したキャンペーンを実施することもできる。同社のロゴ認識技術を使うと、特別なアプリを使わずに、スマホユーザー向けのマーケ ティングを展開できるのが特徴である。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の 登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記 事一覧 / JNEWS について


こ の記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.3.14
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

こ の記事に関連したバックナンバー
店舗が SNSユーザーを集客するための自撮りブース活用モデル
知的労 働者の仕事を奪う人工知能(AI)の開発動向と影響
人工知 能で進化する屋外広告ビジネスとストリートファニチャー
人工知 能とスタイリストによるパーソナルショッピング
ブルー ワーカーの仕事を支援するIoTソリューションの未開拓市場

(海外ネットビジネス事例) / (トッ プページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年3月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon