企業の商圏を脅かすアマチュア編み物作家のコミュニティ

JNEWS会員配信日 2016/12/29

米国の手芸作家達で運営される「Ravelry(ラベリー)」は、編み物の愛好者が集まるSNSで、世界から670万人もの会員登録がある。サイト内では、自分の作品を公開してユーザー同士の交流が行われているが、その中でも特筆すべきは、編み物の設計図といえる“パターン図”が多数公開されていることだ。

ユーザー同士がパターン図をシェアすることで、様々なデザインの服やアクセサリーを編むことができる。制作した作品は、個人で楽しむことの他に、ハンドメイド作品のマーケットプレイス「Etsy」に出品して収益化することができる。日本からでも、「メルカリ」などで出品販売する手芸作家が、新たなデザインのパターン図を求めて、Ravelryへの会員登録をするようになっている。

Ravelryでは、自分が考案した編み図を無料で公開するだけでなく、有料販売もできることがモチベーションになり、手芸雑誌を発行する出版社や、ニット製品のメーカーよりも、遙かに巨大なパターン図のデータベースへと成長している。

Ravelry

このような消費者ネットワークは、手芸以外でも、多様な趣味のカテゴリー毎に形成されるようになり、企業の商圏を脅かすようになってきた。無人で自律飛行するドローンの開発においても、DIYによるアマチュア開発者が世界で増えている。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2016.12.29
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
消費者のDIY生活を支援する新たなエキスパート職
米国で人気化するDIY職人としての副業モデル
趣味と実益を兼ねた旧車レストアとジャパニーズ・クラシックカー
リユース市場の修理コミュニティ「リペアカフェ」の新業態
スモールメーカー起業の選択肢に浮上するDIYキット開発
女性若年層をターゲットにした収益プラットフォームの開発

(海外ネットビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2016年12月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon