介護が必要な高齢者にも、孫に会いに行ったり、旧友の葬儀に参列するなどの目的で旅行をしたいニーズがあり、高齢者専門の旅行エスコート業が新ビジネスとして成長してきている。
介護に隣接した高齢者の旅行エスコトートサービス

JNEWS会員配信日 2016/10/16

 高齢者の旅行付き添いサービスには、介護業界からの参入組も出てきている。たとえば、孫の卒業式に、遠方で暮らす祖母を呼んであげたいが、一人で旅をさせるのは心配な子供夫婦が、付き添いを依頼するようなケースや、老夫婦が結婚50周年のクルーズ旅行を計画して、出発地の空港から客船の集合場所までの付き添いを依頼するようなケースが想定されている。


旅行会社の付き添いサービスと比べると、介護ケア業者としての強みを活かしているのが特徴で、飛行機の搭乗手続きや宿泊ホテルまでの同行に加えて、旅行中の入浴や食事の介助や、決められた時間に薬を飲ませることまでをサポートしている。

旅行エスコート業は、高齢者に付き添うスタッフのスキルや人柄によって、サービスの質や満足度が大きく異なるため、大企業が画一的なサービスとして行うよりも、スモール業者のほうが適しているという見方もできる。

身体が不自由になっても旅行をする目的として多いのは、遠方で暮らす近親者が亡くなったり、危篤になった時に会いに行くことである。欧米の航空会社でも、不幸があって急な移動をしなくてはいけない時の特別運賃制度(ビリーブメント運賃)を定めているケースが多い。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2016.10.16
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
介護業界への転職で築く業界人脈→独立開業への起業モデル
子供世帯との同居を望まないシニアの新たなマイホームプラン
人生の最終章をサポートする終活専門職としての独立開業方法
脱マイカー社会で変わる消費者の購買行動と商圏法則
営業社員から在宅エージェントに移行する旅行業界の販売経路

  (女性の起業テーマ) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2016年10月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon