「アクチュアリー (保険数理士) 」は、確率論や統計学に基づいて保険商品を開発する専門職で、昨今の保険ビジネスが複雑化してきていることから需要が高まっている。保険会社に勤務して高年収が見込めることから、数学が得意な女性の割合も高い。
保険業界の変革で求められる保険数理の専門職「アクチュアリー」

JNEWS会員配信日 2016/6/10

 次第に複雑になる保険商品の開発に向けては、「アクチュアリー (actuary) 」という専門職が注目されている。日本では「保険数理士」と訳されて、確率論や統計データに基づいた病気や事故の発生リスクを分析して、保険の掛け金設定などを決める仕事だ。各国でアクチュアリー団体が設立されて、民間資格ではあるが、試験による資格認定を行っている。



アクチュアリーになるための難易度は非常に高く、見方によっては公認会計士や税理士よりも難関と言われている。解答のパターンを丸暗記すれば良いわけではなく、高度な数式を解く実力やセンスが求められるためである。

これまで、アクチュアリーはニッチな資格で、就職は保険会社に限られていたが、近頃では、銀行、保険分野のビッグデータ分析を行う医療系コンサルティング会社や、FinTechのベンチャー企業にまで活躍の場が広がっている。

アクチュアリー資格は、生保、損保、年金などのコースに分かれて、試験内容が異なっているが、有資格者の平均年収は、10年以上の実務経験者で15万~20万ドル(日本では1,000~2,000万円)が相場。仕事は、企業に勤めるケースが大半で、起業するよりも低リスクで、安定して高収入を得られることから、女性からも人気の高い資格となっている。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。レポート本編では、保険ビジネスの業界構造、新たな保険商品の開発動向なども解説しています。記事一覧JNEWSについて

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●中途解約で損をする生命保険のカラクリ
 ●保険セールスの規制強化と保険比較サイトの問題点
 ●スモールビジネスに適した保険情報サイトの構築
 ●新たな保険商品への需要と関連ビジネス商機
 ●保険料と病気・事故のリスクを下げるソーシャル保険
 ●銀行店舗が無くなる日の到来、FinTechの台頭と金融業界の再編
 ●スポーツ団体と保険会社をクライアントにした安全ソリューション
 ●医療費の軽減を目的とした栄養カウンセリング事業への参入点
 ●8割が赤字に陥る健康保険組合の運営立て直しモデルの着眼点
 ●罰金と報酬で刺激するスポーツクラブのモチベーション向上策
 ●不安を商品として扱う専門家、リスクコンサルタントの実像

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2016.6.10
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(女性の起業テーマ) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2016年6月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon