健康関連ビジネス
  
Top > 健康関連ビジネス
  高齢者が自動車の運転を引退すると、行動範囲が狭くなることで、心身の衰えや老化を早めることが実証されてきており、免許証を返上させるのではなく、高齢者の安全運転をテクノロジーでサポートする仕組みが求められている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
保険会社をクライアントにした
高齢ドライバーの安全システム
JNEWS会員配信日 2015/12/18

 スポーツ以外でも、安全対策が求められる分野は広がっている。その中でも急務といえるのが、急増する高齢者ドライバーに向けた安全システムを開発することだ。65歳以上の高齢運転手による交通事故は、10代〜20代前半の若者に次いで多い状況となっている。

《運転者の年齢別にみた死亡事故の割合(免許保有者10万人あたり)》

 ・16〜24歳………8.34件
 ・25〜29歳………5.39件
 ・30〜39歳………3.51件
 ・40〜49歳………3.88件
 ・50〜59歳………3.59件
 ・60〜64歳………4.37件
 ・65歳以上………6.37件
 ───────────────
 ※出所:全日本指定自動車教習所協会連合会

高齢者の運転免許は早めに返上させるべきという意見もあるが、米国の交通安全財団(AAA)の研究では、運転すること退いた高齢者は、行動範囲が狭くなることで友人との付き合いも減り、身体と精神面の衰えが早くなり、要介護やウツ病になる確率が2〜5倍高くなることが報告されている。そのため、強制的に免許を取り上げるのでなく、最新のテクノロジーで高齢者の運転をサポートすることが望ましいとしている。

自動車メーカーは、衝突防止自動ブレーキ、駐車場でのパーキングアシスト機能、高速道路での自動運転機能などを新型車に搭載しはじめているが、広く普及するまでには時間がかかるため、現状で利用できるツールとしては、米国で10代のドライバー向けに導入されている安全システムがヒントになる。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です→記事一覧


※米国の保険会社が配布する運転管理アプリ例

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●保険会社が求める高齢ドライバーの安全システム
 ●職業病を緩和するエルゴノミクス・ソリューション
 ●コンピュータビジョン症候群と専用メガネの商品開発
 ●LED照明全面切り替えに向けた新ビジネス
 ●IoTビジネスの幕開けと家電メーカーのビジネスモデル転換
 ●スポーツ業界から学ぶビッグデータ分析ビジネスの着眼と方法
 ●病気を治すことから察知することへ変わる Health 2.0の兆し

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.12.18
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
 ●脱マイカー社会で変わる消費者の購買行動と商圏法則
 ●タクシーを使わない高齢者と女性に向けた送迎サービス
 ●通販客を呼び戻すリアル店舗向け買い物代行サービス
 ●環境問題が後押しする「あいのり」通勤ビジネス



(健康関連ビジネス) / (トップページ) / (JNEWSについて)