自転車ショップとカフェをカフェを兼ねた「サイクルカフェ」の業態が英国で流行。自転車愛好者が集える空間としてロンドンを中心に数十店舗が営業している。
自転車愛好者をター ゲットにしたサイクルカフェ

JNEWS会員配信日 2017/6/5

 個人でも楽しめる気軽なスポーツとしては「自転車」も人気となっているが、これもソーシャルクラブとしての ネットワークを形成してきている。 英国では19世紀からサイクリングを楽しむ文化があったが、近年の健康・エコブームもあってサイクリング愛好者が急増している。

そうしたブームの中で、自転車ショップとカフェを兼ねた「サイクルカフェ」という業態が2010年頃から流 行っている。サイクリングの途中に立 ち寄って、コーヒーやケーキを食べながら仲間と交流したり、パンクの修理、自転車のメンテナンス、サイクリング用の手袋やウエアなどのグッズも購 入できる施設だ。定期的なワークショップ(講習会)や、サイクリングイベントも開催することで、サイクリストの コミュニティとして機能している。

英国では、ロンドンを中心に数十店舗のサイクルカフェが存在しているが、もともとは、自転車屋が顧客との親密 な関係を築くために、店舗の中にカ フェを併設したのが起源と言われている。カフェがあれば、これから自転車を始めたい初心者でも気軽に来店しやすくなるし、収益の構成も、自転車本 体やグッズの販売と、カフェの飲食収入、それにイベント参加のメンバー制度を作ることによる会費収入へと広げる ことができる。


※Look Mum No Hands店内の様子


Look Mum No Hands」は、ロ ンドン市内に常設の2店舗と、夏季シーズンのみ営業する1店舗を展開しているサイクルカフェで、自転車愛好者の他に、食事だけでも利用しやすい店 作りがされている。イベントの開催にも積極的で、自転車メンテナンス講座、自転車中古パーツのバザー、サイクリ ングが趣味の独身男女に出会いの チャンスを与える婚活パーティなども開催している。(こ の内容はJNEWS会員レポートの一部で す。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記 事一覧 / JNEWS について

こ の記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.6.5
※アクセスには正式登録後のID、 PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

こ の記事に関連したバックナンバー
通 勤サ イクリストが急増するクリティカルマスの社会現象
ウォー カブルシティへの都市再生と街をスコア化するビジネス
リ ユー ス市場の修理コミュニティ「リペアカフェ」の新業態
シェ ア リング経済を先導するツールライブラリーの仕組みと役割



(ソーシャルビジネス事例) / (トッ プページ) / (JNEWS について)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年6月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon