高齢になって単身で暮らすのは、平均寿命からみても男性より女性のほうが多い。そこで単身になった高齢女性がシェアハウスをして生活を支え合うスタイルが、新たな老後プランとして注目されている。
夫を亡くした高齢者専用シェアハウスのマッチングサービス

JNEWS会員配信日 2016/12/29

「Golden Girls Network」は、単身の高齢女性がルームメイトを探すためのマッチングサイトを、6ヶ月39ドルの有料会員制で運営している。離婚をしたり、配偶者に先立たれたりして、単身で暮らす高齢者の数は、男性よりも女性のほうが多い。

そこで、単身の女性同士がシェアハウスをして暮らす家が、「ゴールデン・ガールズ・ハウス」として人気化している。このルーツは、1985年から米国内で放映された「ゴールデン・ガールズ」という人気テレビドラマで、3人の未亡人と1人の離婚者が楽しく暮らすホームコメディだ。30~40代の頃に、このドラマを見ていた、現在の60~70代にとって、リアルなゴールデン・ガールズを実現させたいという願望があるようだ。


「New York Foundation for Senior Citizen:NFSC(ニューヨーク高齢者財団)」でも、ホームシェアリング事業を非営利で行っている。このプログラムは、高齢者同士のマッチングではなく、60歳以上のシニアが“ホスト”となり、ホームシェアリングのパートナー(ゲストという)を募集することができる。そのため、70歳の高齢者と30歳の若者が、一つの家に住むという組み合わせもある。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2016.12.29
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー

高齢者の住み替えをサポートするシニアリロケーションの新市場
独居へシフトする高齢者の生活を見守るスマートデバイス開発
高齢者の"閉じこもり"を解消する旅行付き添いサービス新市場
マイホームをシェアすることで住宅ローンをゼロにする方法
急増する空き家対策ビジネスとセカンドハウス投資との接点
ライフスタイルで変化するマイホームの価値観と売買スタイル

(ソーシャルビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2016年12月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon