ソーシャルビジネス事例集
  
Top > ソーシャルビジネス事例集
  アンボクシングビデオとは、欲しかった商品を購入して、最初に箱を開ける時の様子を撮影したビデオのこと。YouTubeで再生回数を稼げるコンテンツとして価値を高めており、個人のユーチューバーや企業が、アンボクシングビデオの活用方法を模索しはじめている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

 
JNEWS公式
SNSアカウント

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
膨大な再生回数を稼ぎ出す
アンボクシングビデオの効果と収益
JNEWS会員配信日 2016/1/8

 消費者が目的の商品について情報収集をするルートとしては、YouTubeの利用頻度が高くなってきている。グーグルが、美容品や化粧品の購入者を対象に調査したところでは、66%の人が商品選びの情報収集のために、YouTube を視聴している。特に 18〜34歳の若いユーザーは、他のコンテンツよりも、動画を見ることの関心度が4倍近く高い。

YouTube に投稿される動画の中でも、視聴件数が高い人気カテゴリーに「アンボクシング(Unboxing)」と呼ばれるものである。これは、購入した商品の箱を初めて開ける様子を撮影したもので、箱の中身がどうなっているのかを紹介するだけでなく、商品の具体的な機能を紹介した動画の人気が高い。

発売されたばかりの新型iPhoneや、話題になっている電子デバイスのアンボクシングビデオは、SNS上にもシェアされて、100万件以上のアクセスが集まることもある。アンボクシングのコンテンツは、どんな商品でも対象になるが、最も適しているグッズには次のようなものがある。

《アンボクシング動画に適した商品グッズ》

 ○新発売になったテクノロジー商品
 ○ファッション、美容用品、化粧品
 ○玩具
 ○アンティーク品、コレクターグッズ、趣味用品
 ○定期的に配達されるサブスクリプション商品

たとえば、アップルが昨年発表した大型タブレット「ipad Pro」は、発売された当日(2015年11月11日)にアンボクシング動画が投稿されて、実際に手に持った時のサイズや専用ケースの使用感をレビューすることにより、2ヶ月で約90万件のアクセスを獲得している。

同じ投稿者が昨年のクリスマスに公開した、ペットの毛を強力に吸い込める掃除ロボット「NEATO」のアンボクシング動画にも1週間で10万件のアクセスがある。


アンボクシクングの動画を投稿しているのは個人ユーザーが大半だが、彼らは動画に挿入した広告で収益を稼ぐことができる。また、企業がアンボクシングビデオを活用することで、新製品の販促マーケティングに活用することも可能になる。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です→記事一覧

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●年末バーゲン廃止による新たな価値の創造
 ●人気動画として浮上するアンボクシクングビデオ
 ●アンボクシクングビデオの商品宣伝効果
 ●アンボクシクング動画のサクセスストーリー
 ●ユーチューバーを活用した商品プロモーション
 ●オンラインとリアルが競合する新プライス戦略
 ●リアルタイムで商品価格を変動させるダイナミックプライス戦略
 ●リアル店舗の役割と機能を変革するオンライン・オフラインストア
 ● 眠れるデータを発掘して収益化するビジネスモデルと着眼点
 ●地域店舗を潰さないバイローカルキャンペーンの発想と経済学

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2016.1.8
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ



(ソーシャルビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)