格安航空券や渡航ルートの選択、日程によって変動するホテル料金の特性を駆使して、安価で快適な旅を楽しめる裏技を探求することは「トラベルハッキング」と呼ばれ、スモールビジネスとしても成り立つようになっている(JNEWSについて
旅行好きが高じたトラベルハッキングの副業モデル

JNEWS

 副業は自由時間を割いて行うことになるため、「好きなこと」をテーマにしないと長続きしないものだが、好きな趣味を追求することで、そこで得た知識や経験を収益化できる道も見えてくる。たとえば、旅行が心底から好きな人の中では「トラベルハッキング(Travel Hacking)」という仕事が生まれている。

トラベルハックとは、世界にある予約サービスやマイレージ特典を駆使して誰よりも安く旅行ができる方法を発見すること。航空券やホテルの予約では、「Kayak」や「Travelocity」のようなアグリゲーションサイトを活用することで最安の旅行ルートを探索することができる。また、航空会社やホテルチェーンのロイヤリティプログラムを研究することで、無料の航空券や宿泊をゲットしたり、座席、部屋のアップグレードも可能だ。


こうしたトラベルハッキングは合法的なもので、旅行愛好者の趣味として行われているものだが、海外出張が多いビジネスパーソンや企業にもノウハウを教えることがビジネスになっている。トラベルハッキングを上手に活用すれば、年間で20%以上の旅費が節約になるためだ。

「Trabel Haching Cartel(トラベルハッキングカルテル)」は、年間に少なくとも20万マイルは旅をするクリス・ギルボー氏によって2009年に立ち上げられたサイトで、有料会員に対してトラベルハッキングのノウハウを教材コンテンツと月刊のニュースレター、最新情報のアラート速報により提供している。

旅費が節約できる航空会社、ホテル、クレジットカードなどの特典プログラムは期間が限定されていたり、ルールが随時変更になるため、タイムリーに通知するアラート速報の内容により、月額会費の体系を月額「12.50ドル」「20.83ドル」「32.50ドル」のコースに分けている。最上位のコースでアラートされる情報に従って行動をすれば、毎年4回(100,000マイル分)の無料航空券を獲得できることが保証されている。

これらの情報は、世界の旅行サイトを隅々までチェックすることでも入手できるが、一般の旅行者はそこまで手間と時間を掛けられないため、同サイトに有料登録することのメリットがある。

Trabel Haching Cartel

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.9.4
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

JNEWS会員レポートの主な項目
インバウンド観光を支える有償ボランティアガイドの解禁
営業社員から在宅エージェントに移行する旅行業界の販売経路
高齢者の“閉じこもり”を解消する旅行付き添いサービス新市場
団体爆買いツアーの次に訪れる個人旅行向けインバウンド市場
特別な人生体験を与えるギャップイヤーツアーのコーディネート業
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(副業・スモールビジネス事例)/(トップページ)/(JNEWSについて)/ (Facebookページ)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年9月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon