都会在住者の実家を見守る空き家管理サービスの仕組みと採算

JNEWS会員配信日 2017/8/9

 全国各地では、地元の不動産業者などが空き家管理サービスを手掛け始めている。サービスの内容は、1回あたり30~60分の巡回をして、郵便受けの確認、建物外部の目視点検、室内の換気、水回りの通水、簡易的な清掃、庭木や雑草のチェックなどを行うものである。点検後には、写真や動画でレポートを遠方の物件所有者に送信することで、サービスの付加価値を高めている。料金は点検項目によっても異なるが、月1回の巡回で10,000円前後が相場。

たとえば、大東建託が行う空き家管理サービスは、戸建住宅の外部のみを点検するコースが5,000円、内部と外部を点検するコースが10,000円となっている。ただし、大がかりな清掃や除草作業などは別料金になる。

《大東建託の空き家管理サービス》

サービス詳細

また、ダスキンでも、2017年4月から「空家点検サービス」を新事業として立ち上げている。こちらは他社よりも屋内清掃を充実させる形で、月1回の巡回プランで13,000円(税別)の料金を設定している。

《ダスキン空家点検サービスの基本内容(一軒家プラン)》

サービス詳細

空き家管理サービスは継続的な取引となり、契約数が増えれば安定収入が見込めるため、不動産会社、警備会社、ガス会社、住宅メーカーなどが次々と参入しはじめている。背景にあるのが、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行されたことである。この法律により、適切な管理が行われずに、防災上の問題が生じていたり、近隣の環境や景観を損ねている空き家の所有者に対して、国が改善の指導や勧告、命令を行えるようになった。また、地方独自で空き家管理の条例を制定する自治体も増えている。

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.8.9
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
過疎地に眠る遊休物件を活用したローカルビジネスへの着眼
中古住宅の再生ビジネスとホームインスペクターの役割
高齢者の住み替えをサポートするシニアリロケーションの新市場
遊休不動産の価値を高めるインテリアコーディネート仲介ビジネス
ライフスタイルで変化するマイホームの価値観と売買スタイル

(副業・スモールビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年8月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon