海外では家族が愛用していた衣類(古着)を捨てるのではなく、裁断して再加工する 「メモリアルキルト」にする方法が人気となっている。故人の遺品もゴミにしてしまうのではなく、再活用する方法が求められている。
遺品を再加工するメモリアルビジネスと遺品整理の課題

JNEWS会員配信日 2017/3/31

 家庭内には、色々な思い出が詰まっているため、なかなか捨てられない物もたくさん眠っている。それを再加工してメモリアルグッズにするサービスは、個人の副業やスモールビジネスに適している。

海外では、子どもや亡くなった家族が愛用していた衣類(古着)を捨ててしまうのではなく、服の生地を細かく裁断してキルティングで再加工する「メモリアルキルト」というものがある。愛する人の思い出を織物にするため、そ の人が愛用していた複数の衣類を、できるだけ多く組み合わせたほうが良い。

Quilt keepsake」は、米アイオワ州ハンボルトでメモリアルキルトの受注制作を行っているスモール業者で、結婚式の衣装、ベビー服、Tシャツ、ジーンズ、帽子など、家族にとって思い出の詰まった衣類を送ると、4~6週間で柄の配置やデザインが考慮されたベッドカバーとして使えるメモリアルキルトに再加工してもらえる。

制作料金は、30~60種類の衣類を組み合わせたメモリアルキルトが、400~600ドル(約4.5~6.7万円)と決して安くはないが、家族の思い出を捨ててしまうのではなく、大切に残しておきたい人達からの需要があ る。

亡くなった人の遺品をどのように処分するのかは、高齢化社会の中で浮上してくる大きな課題だ。日本では、リサイクルショップが「遺品整理」の看板を掲げるようになっているが、故人の持ち物はほとんどが値が付かないもので、査定額がゼロでも引き取れる物には制約がある。10年以上前に製造された家電製品は、故障のリスクが高いため買い取りの対象にならないし、衣類も大半は捨てるしかない。リサイクルショップは、廃棄物処分の認可を受けていないため、捨てる物は引き取ることができない。(この内容は JNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.3.31
※アクセスには正式登録後のID、 PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
核家族の寿命と60代からマイホームを住み替える新たな人生計画
人生の最終章をサポートする終活専門職としての独立開業方法
モノを捨てることに金がかかる時代のリサイクル関連ビジネス
スモール起業に適したヴィンテージアパレルの発掘ノウハウ
60代以降の起業者を増やすシニア・アントレプレナー支援市場
子供世帯との同居を望まないシニアの新たなマイホームプラン

(副業・スモールビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWS について)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年3月)に掲載された記事の一部です。JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon