個人売買の中でも、大型の家具や家財道具は運搬の手間がかかることから、近隣で取引相手を探せたほうが良い。そこで、取引の仲介から荷物の運搬作業までを代行するサービスが、スモールビジネスとしても成り立つ。
大型家財道具の個人売買を支援する宅配スモールビジネス

JNEWS会員配信日 2016/9/30

 日本では、自分が手渡しできるエリアに限定して個人売買の相手を探せるサービスが少ないが、米国では、「Craigslist(クレイグリスト)」がメジャーな媒体として活用されている。個人ユーザーは無料で広告を掲載することができ、企業の求人広告や不動産の物件情報など、商用カテゴリーの広告を有料とするビジネスモデルだ。

日本版のクレイグリストも公開されているが、利用者の大半は、留学や海外赴任で日本へ滞在している外国人である。

引っ越しをするために、不要な家財道具を譲渡したい、安く譲ってもらいたい、という時は、クレイグリストが役立つが、家具のように大きな物は、相手の家まで取りに行く(取りに来る)のに不安を感じる人(特に女性)は多い。そこで、クレイグリストよりも安全に、家具の個人売買を仲介する新ビジネスが登場している。

Aptdeco」という業者では、ニューヨークとワシントンD.Cにエリアを限定して、不要になった家具の個人売買を仲介している。不要になった家具を処分したい人はアイテムの出品登録をして、買い手希望者からのオファーを待つことができる。



買い主が決まれば、Aptdecoのスタッフが売り主の自宅を訪問、家具の状態をチェックした上で、傷が付かないように梱包をして買い主の家まで届ける。買い手側が負担する配送料金は、イスやフロアランプなどの小物が35ドル。フルサイズのベッド、3人掛けのソファ、食器棚などの大型家具が 85ドル。さらに特大サイズの家具が135ドルとなっている。ただし、複数の家具を同時に運ぶ場合には、2アイテム目からの単価が安くなる。

このサービスを実現させるために、Aptdecoでは、引っ越し業者や宅配便業者で働いた経験のある人材を、フルタイムのチームメンバーとして採用している。求人応募の条件には、75ポンド(約34kg)の荷物を持ち上げられることが提示されている。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2016.9.30
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
遊休不動産の価値を高めるインテリアコーディネート仲介ビジネス
レンタル家具ショップは儲かる商売か?その仕組みと採算
DIYで築古住宅を再生するセルフリノベーションと家具リフォーム
多分野に広がるUber型ビジネスモデルの応用と付加価値サービス
過小評価されているモノの資産価値と買取専門業者の問題点

(副業・スモールビジネス事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2016年9月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon