副業・スモールビジネス事例集
  
Top > 副業・スモールビジネス事例集
  サラリーマンが実践できる副業には、不動産や店舗のオーナービジネス、アフィリエイトなどのネット副業、独立した事業者として仕事を受注するフリーランスモデル、などがある。自分の条件(資金、スキル、副業に費やせる時間数など)によって、取り組みやすい副業テーマは見つけることができる。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
サラリーマンが実践できる3種類の副業と
兼業ワークスタイル
JNEWS会員配信日 2010/11/23


いまサラリーマンが行える副業モデルには、大きく3種類がある。一つ目は、ショップを開業したり、フランチャイズに加盟するなどの方法で自分ビジネス(商売)を立ち上げることで、自動販売機や不動産のオーナーとなって賃料を稼ぐことも、その中に含まれる。ただしこの方法には、元手となる資金が必要だ。

二つ目は、アフィリエイトプログラム、iPhoneアプリや電子書籍などの販売プラットフォームやクラウドビジネスに参加して、ネットからのマージン収入やコンテンツ料を稼ぐ方法。これには高額の資金は必要なく、副業として始められるが、その中で魅力的な収入を稼げるのは、ネットのセンスやコンテンツの創作力に長けた一握りの人達で、残りの大多数は、自分の労力を収益化できないままに終わっている。

そして、三つ目の副業モデルといえるのが、本業として勤めている会社以外に、もう一つの会社からも雇われることである。正しく言えば、二つ以上の会社と同時に雇用契約することはできないため、副業社員としての採用は、“独立業務請負人(インディペンデント・コントラクター)”としての契約を意味している。

副業社員に対しては、月々の固定給は支払われずに、仕事の受発注に応じた出来高給となるのが普通だが、その代わりに、正社員のように決められた時間に出勤して就業する必要はなく、仕事の納期や品質さえ守れば、自分の都合の良い時間に、自由なワークスタイルで取り組むことが可能。

《本業+副業社員としての生計モデル》

 

本業の就活さえ難しい時勢ではあるが、米国では、固定給の負担が無く、高度で専門性の高い仕事を委託できるエリート副業者は、企業にとって“第三の労働力”として採用意欲が旺盛になってきており、関連の人材ビジネスが成長してきている。


この記事の核となる項目
 ●副業者が職探しをするフリーランス系ジョブサイト
 ●フリーランス・ジョブサイトのビジネスモデル
 ●本業+副業が混在する新たな労働市場
 ●有能なフリー人材を公募するオークション型ジョブサービス
 ●ホワイトカラーに広がるオンライン副業の職種と特徴
 ●欧州で広がる従業員から独立契約者へのシフト
 ●家計を支える主婦層への起業支援
 ●低級テレワークから女性ビジネスオーナーへの成長
 ●米政府が女性の起業を支援する理由と方法
 ●ワークライフバランス重視の在宅勤務制度とマイクロ起業
 ●自分の専門知識を収益化するオンラン副業プラットフォーム
 ●雇われない働き方へと移行する頭脳をウリにしたプロ人材
 ●ダブルインカムを狙った家族法人による副業と家業の作り方


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2010.11.23
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

■この記事に関連したバックナンバー
 ●趣味と実益を兼ねた「本業+副業」のマルチワークスタイル
 ●ノーリスクで副収入を得るための着眼と長続きする副業の条件
 ●副業で家賃収入を得る大家業の実態と物件管理の業界構造
 ●自由を望むスペシャリスト達の就労形態と労働環境の変動
 ●フリーエンジニアとしての起業スタイルと単価設定の考え方