葬儀の簡略化や地方の過疎化により経営不振に陥る寺院は多く、僧侶のフリーランス化が進んでいる。それに伴い葬式や法要に時間単位で僧侶を派遣するサービスが広がっている。
僧侶のフリーランス化と僧侶派遣ビジネスの台頭

JNEWS会員配信日 2017/10/20

 寺の経営を維持していくには、年間1,000万円前後の収入が必要で、そのためには 300件以上の檀家を持つ必要がある。しかし、実家を離れて都会に暮らす子供世帯が増えると、親が亡くなった後は遺骨を引き取り、都会の霊園に納骨するケースが増える。それにより、檀家の数は減少の一途を辿り、これから再び増えていく見通しは無いという。


また、檀家の中でも葬式や法要を簡略化したいという希望が増えたことで、僧侶の出勤機会も減少している。こうした状況で、目減りした収入を補っていくには本職以外の副業を手掛けるか、新たな寺院としてのビジネスモデルを開拓していくしかない。全国には7万7,000件の寺院(仏教系)と、約33万人の僧侶がいるが、これから進むのは、寺の統廃合や僧侶のフリーランス化である。

従来の檀家制度が崩れていく中でも、先祖を供養したいというニーズが無くなるわけではない。そこで登場しているのが、初盆や法要で読経する僧侶を派遣してくれるサービスである。出張料金が明瞭になっているため、“お布施”や“お車代”としていくら払えばよいか悩まずに、希望する宗派の僧侶を依頼することができる。また一度読経してもらったからといって、檀家になる必要もない。

僧侶派遣サービスは全国的に広がっており、ネットから依頼ができる数十社の業者が登場してきている。法要一日あたりの派遣料金は3~4万円が相場で、事前に決められた定額以外の追加料金はかからない。一方、派遣業者は僧侶から仲介手数料を取ることで収益を得ているが、そのレートは業者によって、3割~5割を超しているケースもある。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.10.20
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
人生最後の資産「生命保険」を買い取る投資ビジネスの構造
バックマージンに依存した保険業界の体質と生命保険のカラクリ
人生の最終章をサポートする終活専門職としての独立開業方法
変化する宗教観の中で求められる、お寺の新たな収益モデル
高齢オーナーよりも長生きする愛犬向け遺言信託サービス

(儲かる商売の裏側) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年10月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon