儲かる商売の裏側
  
Top > 儲かる商売の裏側
 
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
昼寝スペースをレンタルするビジネスの
採算と利用者の特性
JNEWS会員配信日 2014/9/30

 日本でも昼寝に対する需要は高まっていることから、「昼寝サロン」という新業態の店舗が流行りはじめている。オフィス街や繁華街の空き店舗に入居して、30分〜1時間につき 500〜1000円程度で、仮眠ができるスペースを提供するサービスである。

オープン時の設備投資は、飲食店などよりも安く済むことから、新たな事業テーマとしても注目されているが、この新業態には大きく二つの課題がある。

一つは、法規制の問題で、旅館業法の中では「料金を受けて人を宿泊させる営業」については、宿泊に適した施設・設備の基準をクリアーした上で、都道府県の営業許可を受ける必要がある。法律の中で「宿泊」とは、ベッド、布団、枕、毛布などの寝具を利用して施設を利用すること、と定義されているため、日中の昼寝でも、ベッドや布団を提供すると、規制の対象になる可能性が高い。

もう一つは、ネットカフェやビジネスホテルなどと競合する問題だ。昼寝サロンとネットカフェの客単価は、ほとんど同水準(約1千円/時)とみることができ、2時間の利用ならば2千円。それよりも高くすると、安価なビジネスホテルと競合するようになり、昼寝サロンの魅力が薄れてしまう。そのため、昼寝サロンが独自の営業をしていくには、これまでの施設には無い、特徴や収益構造を打ち立てていくことが重要だ。

米ニューヨークでは、「Yelo」という昼寝サロンが7年前から開業して人気となっているが、こちらは、昼寝のスペースを貸すだけではなく、マッサージやスキンケアなど、各種のリラクゼーションサービスをセットにしているのが特徴。

料金は、1分あたり1ドルで、昼寝用に最適化されたリクライニング式のチェアを利用できるが、血液やリンパ系の循環を高めるマッサージ(1分あたり 2.4ドル)や、頭皮マッサージ(15分で36ドル)、スキンケア(1分 2.5ドル)などを組み合わせることで、入眠までのサポートをしている。そのため、同店の収益は昼寝のスペース貸しよりも、各種マッサージのほうが主体になっている。

■Yelo
  http://yelospa.com/
■Yelo Spaの紹介映像
  http://youtu.be/_BA-mMev8Iw

この記事の主な項目
 ●科学的に解明される現代人の睡眠事情
 ●企業向け昼寝ポッドのレンタルビジネス
 ●昼寝サロンは儲かる商売か?採算と問題点
 ●旅行者向け仮眠サロンの可能性
 ●体内時計からみたシエスタ制度の是非
 ●シフトワーカー向け勤務管理ソフトへの需要
 ●高ストレスのメカニズムを読み解くメンタルヘルス対策市場
 ●世界で異なる時間習慣とビジネスパートナーとの交流スタイル
 ●早起き人口に向けた早朝ビジネスの商機
 ●労働時間をプールして自由に引き出せる時間貯蓄の働き方

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2014.9.30
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(儲かる商売の裏側リスト) / (トップページ) / (JNEWSについて)