「デュアラー」とは、都心と田舎に2つの生活拠点を持ち、デュアルライフ(二拠点生活)を楽しむ、新たなライフスタイルのことを指す。地方物件の低価格化により、20~30代を中心に二拠点生活者が増えてきている(JNEWS
都心と田舎の2拠点生活を楽しむ「デュアラー」の台頭

JNEWS
2019/1/18

 2019年の注目トレンドとして、リクルートホールディングスでは「デュアラー」というキーワードを掲げている。これは、都心と田舎に2つの生活拠点を持ち、デュアルライフ(二拠点生活)を楽しむ、新たなライフスタイルのことを指す。

従来の二拠点生活は、豪別荘が持てる富裕層や、時間に余裕があるリタイア組が楽しむものだというイメージがあったが、近年では、空き家やシェアハウスを活用して、20~30代のビジネスパーソンやファミリーがデュアルライフを楽しみ始めている。今後、デュアルライフを楽しむ人=デュアラーが増えていくことが予測されている。リクルートでは、新たなデュアラーのタイプとして、以下の8種類を提示している。

  • 趣味満喫デュアラー
    サーフィンや農業などの趣味を田舎で楽しむ
  • 自然癒されデュアラー
    都会を離れて、自然に触れたり癒やしの時間を作る
  • ふるさとデュアラー
    自分や配偶者の出身地を大切にして、新たな生活拠点を作る
  • プレ移住デュアラー
    本格的な移住を実行する前の、お試し移住として家を借りる
  • のびのび子育てデュアラー
    子どもに自然体験をさせたり、多様な交流を目的とした移住
  • 地域貢献デュアラー
    地域での社会貢献や地域の人達との触れあいを目的とした移住

リクルート住まいカンパニーが行った調査によれば、2018年のデュアルライフ開始者は約17.1万人で、2011年の時点(9.7万人)よりも2倍に増えている。さらに、デュアルライフに関心を示す層は約1100万人と推定されている。デュアラーの属性としては、20~30代でおよそ6割、40~60代が4割。地方滞在の日数は月平均で2~5日、滞在場所は移動時間が2時間以内の近場が6割を占めている。

地方住居の取得方法についても、従来のように高価な別荘を買う選択肢の他にも、最近では、地方物件の低価格化や空き家も増加していることから、安価な宿泊施設(コリビング施設など)に泊まる、安価な賃貸物件を借りる、親や親族の家を相続する、300万円程度の古民家を購入するなどの方法が開拓されている。

東京圏からの移住者を呼び込みたい、地域の自治体や事業者にとっては、このようなデュアラーをターゲットとした移住物件の開発や仲介を行うことが、新たなビジネスチャンスとしても浮上してきている。

都心と田舎の2つの生活を楽しむ=デュアルライフ(2拠点生活)

この記事に関連したJNEWS会員向けバックナンバー
大都市から地方へ回帰しはじめるエリート人材の異変
規制緩和される市街化調整区域を狙った地方再生ビジネス
エリート層をターゲットにしたオンデマンド住宅の開発モデル
相続実家を維持する空き家管理サービスの成長市場と業界構造
核家族の寿命と60代からマイホームを住み替える新たな人生計画
※アクセスにはJNEWS会員ID、PASSWORDが必要です。

(国内の新ビジネス事例集) / (トップページ) / (JNEWSについて)

JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon