「iChain保険ウォレット」は各種の保険契約を一元管理できるアプリで、保険証書をスマホで撮影して契約内容をクラウド上に保存することができる。家族同士で共有すれば、保険受取り時の申請手続きを迅速に行うことができる。
保険契約を一括管理できる保険ウォレットアプリ

2018/5/18

 保険分野のFintechスタートアップ、iChain株式会社(本社:東京都中央区)が2018年5月からリリースした「iChain保険ウォレット」は、各種の保険契約を一括で管理できる保険ポートフォリオ管理スマホアプリで、App StoreとGoogle Playから無料配信が開始されている。

このアプリは、各ユーザーが加入している「自動車保険」、「生命保険」、「医療保険」、「ペット保険」などの保険証券をスマートフォンで撮影、アップロードすることで、保険の商品名、契約者、保証対象者、保険料、保険期間などの基本情報を記録することができる。家族同士でアプリを使えば、保険情報の共有や、保険金の受取人設定をすることも可能。

日本では、18歳から69歳の80%以上が生命保険に加入しているが、普段は目に触れない場所で保険証券を保管して、そのまま忘れてしまうケースが少なくない。しかし、保険ウォレットアプリを使うことで、「もしも」のアクシデントが生じた時にも、本人または家族が迅速な保険請求の手続きをすることができる。

iChainでは、今後のアプリ開発で「火災保険」「旅行保険」など管理できる保険対象を広げて、各保険会社との連携により、住所変更手続きや保険金請求等をアプリ経由で行えるようにすることを計画している。保険会社にとって、すべての保険情報が集約されている保険ウォレットアプリは、新たな契約者を獲得するための広告、マーケティング媒体としても魅力的な存在になる。

iChain社は、ブロックチェーン技術をベースにした保険事業者向けのプラットフォーム「iChain Base」を同時に開発しており、その中では、契約(保険証券)管理、 クレーム管理、保険金の自動支払(スマートコントラクト)、AIによる不正請求の検知ができるようにすることを目指している。生命保険協会によると、日本国内、個人保険の保有契約高は863兆円の規模があり、それらすべての保険を一括管理できるサービスへの潜在需要は大きい。

保険ウォレットアプリ「iChain」

この記事に関連したJNEWSレポート
法定通貨とは異なる仮想通貨の役割と進化していく方向性
バックマージンに依存した保険業界の体質と生命保険のカラクリ
保険業界の変革で求められる専門職とFinTechとしての参入テーマ
人生最後の資産「生命保険」を買い取る投資ビジネスの構造
日本向け金融事情に適応したFinTechサービスの視点と開発商機
※アクセスにはJNEWS会員ID、PASSWORDが必要です。

(国内の新ビジネス事例集) / (トップページ) / (JNEWSについて)

JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon