「CUT&REC」は、オリジナルの音源からアナログレコードを1枚単位で制作してもらえるサービス。音源とジャケット用の画像をアップロードする形で、自分のイメージに合うレコード制作をすることができる。
1枚からオーダーできるアナログレコード制作

2017/10/24

合同会社サウンドロープ(神奈川県川崎市)では、1枚からのオリジナルレコードをオーダーメイドできる『CUT&REC』を、2017年10月23日に正式リリースした。このサービスでは、ユーザーが所有するオリジナルの音源とジャケット用の画像をアップロードすると、3Dアニメーションでレコードの完成イメージがプレビュー表示され、スムーズにオリジナルレコードを注文することができる。


オーダーは1~30枚までの小ロットで対応し、レコードのカッティングはハンドメイドで行われる。音質はメジャレーベルの市販レコードと同等の品質で、レコード盤はDJプレイで行われるスクラッチへの耐久性にも優れている。レコード制作の料金体系は、収録する曲のトラック数に応じて料金が算定される方式で、7インチ盤が3,800円~、10インチ盤が4,800円~、12インチ盤が5,800円~。2枚以上の注文からは最大20%OFFのボリューム・ディスカウントが適用される。


オリジナルレコードの用途としては、ギターやピアノなどの楽器演奏、バンドやDJのオリジナルトラックなど、プライベートな音源をレコードとして残したい場合や、家族や大切な人へのメッセージをレコードにして贈ることなどが想定されている。デジタルデバイスで音楽を聴くことが日常的になるにつれて、アナログレコードは温もりのあるサウンドや、耐久性に優れた物理メディアとしての価値が、音楽ファンから再認識されている。

合同会社サウンドロープは、WEBディレクター兼ミュージシャンである代表の諸富栄治氏と、音楽機材テクニカルディレクターでDJでもある橋本洋氏が、『音楽をもっと身近に』をテーマに2014年に立ち上げたスタートアップ。音楽に特化したWEBコンサルやECサイト開発業務などを行う傍ら、ブログメディア「soundrope」の運営も行っている。

そして3年前からは、音源と画像さえあれば、誰でも1枚からジャケット付きのアナログレコードを作ることができるサービスを構想。海外で注目されていた1枚ずつレコードを作る「ダブプレート」の製作技術と、独自開発したレコードジャケットの小ロット製作技術を掛け合わせて、世界に1枚だけのオリジナル・レコードをオンライン注文できるサービス『CUT&REC』の立ち上げに至っている。

(国内の新ビジネス事例集) / (トップページ) / (JNEWSについて)

JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon