ネットで収益化できるプラットフォームのアカウントはデジタル資産としての価値を高めている。その中でも「Google AdSense」は新規入会者の審査を厳格化してきているため、ネット起業者は早いタイミングで取得しておくのが良い。(JNEWSについて
フリーランス・ネット起業者にとってのアカウント資産価値

JNEWS
JNEWS会員配信日 2019/3/6

 ネット上では様々な詐欺や不正の手法が考案されているため、各種の収益プラットフォームでは、アカウントを取得する新規ユーザーの審査を厳しくしてきている。そのため、これからネットで起業をしようと考えている人は、必要なアカウントをできるだけ早く取得しておいたほうが良い。

その中でも、グーグルからの広告収入を得るために必要な「AdSense(アドセンス)」のアカウント」は、2016年頃までは、無料ブログを利用して日記を書いていても取得できたが、現在は独自ドメインを取得しているサイトでなければ、審査の通過が難しくなっている。


サイトに掲載する記事の内容についても、収益化にふさわしいコンテンツと判断されることが重要で、「禁止コンテンツ」の条件もアドセンスの規約として設定されている。具体的には、タバコやアルコールの購入を促す内容や、ラインカジノやスポーツ賭博のまとめサイト、アフィリエイトプログラムを経由して未承認の医薬品やサプリメントを紹介する記事、暴力的な言動や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉)を含むコンテンツなどはNGになる。

AdSenseコンテンツポリシー(禁止コンテンツ)

アドセンスのアカウントは、一度取得すると複数のドメインサイトで収益化に使うことが認められており、YouTubeやモバイルアプリ開発の収益化でも必要となるため、ネット起業者にとっては必須のアイテムといえる。

アカウントは所有権の譲渡が禁止されているが、アカウントオーナーが亡くなった場合には、相続人が名義変更をしてサイトの収益を引き継ぐことは認められている。

また、起業当初から収益サイトのバイアウトを狙っている場合には、法人化してビジネスアカウントを取得する方法がある。アドセンスには、個人アカウントとビジネスアカウント(会社名義)の2種類があり、後者であれば、会社のM&Aという形で、売却先にアカウントの名義変更をすることができる。このように、アドセンスのアカウントは、相続や会社のM&Aによっても引き継ぐことが可能なもので、収益口座としての資産価値を持ち始めている。

《アドセンスアカウントの譲渡方法》

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

JNEWS会員レポートの主な項目
・Amazonアカウント凍結の実態と復活代行サービス
・AIパトロールによる知財監視の仕組み
・AIによるフェイクレビューの判別方法
・AIが見破る不正レビューパターンの特徴
・フェイクレビュー判定サイトのビジネスモデル
・資産価値が高まるAdSenseアカウント
・ギグエコノミーにおける報酬単価の高め方
・Upworkによるフリーランス報酬の形成システム
・職業として考える「ユーチューバー」の生産性と収益構造
・AI時代に進化する写真ライセンスの仕組みとモデルリリース
・フェイクニュースを見分けるメディアリテラシー教育
・若年層から広がるパラレルキャリア/サイドハッスルの潮流
・副業スモールECビジネスの価値を高める方法と評価基準
・ギグエコノミーで形成されるオンデマンドワークの功罪

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2019.3.6
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

(起業家の成功法則)/(トップページ)/(JNEWSについて)/(Facebookページ)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2019年3月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
無料体験の登録でJNEWS LETTER正式版のサンプルが届きます。
 
Page top icon