日本は、外国人起業家から英語圏とは異なる独自商圏が形成された有望市場とみられている。特に、中国や台湾を中心としたアジアの起業家にとって、イノベーションが遅れた日本の各業界は魅力的な市場と捉えられている。
外国人起業家を誘致するスタートアップ特区の隣接市場

JNEWS
JNEWS会員配信日 2018/7/17

 日本でも「外国人創業人材受け入れ促進事業」として、外国人が日本で起業することを促進するためのスタートアップビザを発行しはじめている。

本来は、外国人が日本で会社を設立するのに、「経営・管理」の在留資格が必要になるが、その条件として、事務所の開設(賃貸契約)に加えて、常勤社員2名以上の雇用、または500万円以上の投資資金を入国前に準備する必要がある。しかしこれは、日本にビジネスパートナーがいない外国人にはハードルが高いため、経営・管理ビザを取得するまでの準備期間として、国家戦略特区に指定された自治体に限定して、6ヶ月間の在留資格(スタートアップビザ)が与えられるようになっている。現在は、東京都、福岡市、新潟市、今治市、仙台市、広島県、愛知県の自治体でスタートアップビザが発行されている。

《スタートアップビザによる外国人起業の流れ(日本)》

日本での創業を考える外国人起業家の視点としては、英語圏とは異なる独自の商圏が形成されているため、イノベーションが遅れている業界はたくさんあり、北米や欧州でライバルと競争するよりも、ビジネスチャンスは大きいという見方がされている。特にアジアの起業家にとって、日本は魅力的な市場と映っている。


※外国人起業家を積極的に誘致している福岡市博多駅周辺(写真提供:福岡市)

スタートアップビザを活用した具体的な日本進出例として、ゴルフェイス株式会社(福岡市)は、台湾でゴルフのプレー予約、コースの分析、スコア管理などを集約して行えるモバイルアプリを開発している Golface社の日本法人である。日本には近年、台湾からの旅行者が増えていることから、日本国内のゴルフ場に対して台湾ゴルフユーザーの送客を狙っている。

ゴルフェイス社の事業に対しては、私鉄大手の西日本鉄道が業務提携をしている。
この提携により、西鉄では子会社の旅行会社を通して、台湾の富裕層をターゲットに、日本のゴルフ場でのプレーと観光を楽しめるツアー商品を販売する計画だ。

Golface(台湾サイト)

 日本で起業する外国人が増えることで、地域の経済にも「雇用の増加」「オフィスや住宅物件の需要増」「地域商店の売上げ増加」「海外とのビジネスを広げられるチャンス」など、様々なメリットが考えられる。その一方で、外国人起業家は日本での土地勘や人脈が無いため、自治体や民間が支援していく体制を整備していくことも重要になる。

ビザの申請や会社登記については、英語や中国語に対応できる行政書士や司法書士が必要。また、不動産の物件探しは、来日前にネットから行えることが理想であるため、日本での起業に適したオフィス物件を多言語で紹介する不動産会社や情報サイトへのニーズもある。

この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2018.7.17
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したJNEWS会員向けバックナンバー
技術実習制度を起点とした外国人労働者仲介ビジネス
アメリカンドリームを実現する移民起業家とビザ問題
エリート外国人を顧客ターゲットにした日本経済の再生モデル
国境を越えて医療旅行者を取り込むメディカルツーズムの長短
団体爆買いツアーの次に訪れる個人旅行向けインバウンド市場
※アクセスにはJNEWS会員ID、PASSWORDが必要です。

(起業家の成功法則) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2018年7月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon