起業家のための成功法則
  
Top > 起業家のための成功法則
 
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
1勝9敗でも成功する
新規事業計画の立て方と起業スタイル
JNEWS会員配信日 2014/3/14

 起業や新規事業の立ち上げは、ゼロから1を生み出す作業です。アイデアとして面白い事業プランは色々と考えられても、事業を実行して利益を出すまでの過程では、様々な問題点やトラブルが発生してきます。

起業者の多くは、自分の考えた事業プランを“過大評価”しやすい傾向にあり、問題点を客観的に把握する作業を怠りがちです。どんな事業でも、最初から完璧なものは無く、準備段階からできるだけ多くの問題点やリスクを把握して、その解決策を一つずつ用意していくことが、事業計画作りの本質となります。

そのため、事業計画は起業者自身の中だけで抱えるのではなく、信頼できる友人や仕事仲間、専門家など、他人の意見を聞くことも大切です。そこで指摘された問題点を塗りつぶしていく形で、事業計画を練り直していくことで、市場環境の変化や、ライバルの出現にも対応できるビジネスモデルが熟成されていきます。

逆に、事業計画の中で、一つの問題点を指摘されたからといって、すぐに諦めてしまう人は、「起業に適していない」という見方もできます。資金面のサポートをする銀行や投資家などは、経営者がトラブルに直面した時の「問題解決能力」を重視しており、そこでの信頼を得られなければ、大切な資金を託してもらうことはできません。

JNEWS事業相談の中でも、事業立ち上げ後に想定される問題点を指摘していますが、それに対して「計画を練り直して、何度も相談してくる人」の成功確率は非常に高いという特性があります。

【自分の適性、条件に合った事業テーマを探す】

 「有望市場、有望ビジネス」と言われている分野に参入すれば、誰でも成功できるわけではありません。有望市場にはライバルも多く、価格競争に陥るサイクルも早くて、最終的には、知名度と資金力のある企業ほど有利です。そのためゼロからの起業であれば、大企業が参入するほどの規模ではない、ニッチな市場に着目するほうが、成功の確率は高くなります。

手掛けるビジネスは、自分の興味、知識、経験、専門性など、自身の適性がある分野でテーマをみつけることが大切です。起業者や経営者の仕事は、サラリーマンよりも過酷で、深夜や週末でも、仕事に打ち込む姿勢も必要になってきます。
それが「自分に向いた仕事」でなければ、努力を持続することはできません。

40歳以上の起業では、前職までのキャリアや実績に隣接した分野で起業テーマを見つけることが多いのですが、男性の場合には、サラリーマン時代に管理職を経験してから起業をする人が6割以上となっており、過去の仕事で築いた経験や人脈を活かせる事業を模索する傾向にあります。

一方、女性の場合には、出産や介護など、家庭環境の変化で、起業を決意する人が多く、日常生活の中で感じている「不便さ」などから、事業テーマを見つけています。

家庭と仕事の両立という面では、法人化をするのではなく、個人事業としてスモールビジネスを手掛けられる選択肢も、最近では充実してきました。ネットショップの開業、スクール講師、フリーランス職などは、自分の生活サイクルに応じて柔軟なワークスタイルで仕事ができるのが利点で、ビジネスが軌道に乗れば、パートや派遣社員として勤めるよりも、高収入を達成することができます。



【必要な開業資金の捉え方】

 統計的にみた起業者の開業資金は、500万〜1000万円が平均値。ただしこれは、店舗やオフィス、IT機材、その他に必要な機器などを揃える「設備資金」で大半が消えてしまうため、それよりも広い視野で、必要資金の総額を捉えておくことが大切です。



事業を持続させていく上で毎月かかるのが「運転資金」で、開業当初は“持ち出し”の状態が続くため、仮に1千万円の手持ち資金があっても、月に 100万円ずつの赤字が生じていれば、10ヶ月で資金は枯渇します。そこから更に、銀行から1千万円の融資を受けたとしても、赤字の体質が変わらなければ、追加した資金もすぐに溶けてしまいます。

事業が軌道に乗っていない段階では、経営者は無給で働くケースも珍しくないために、事業に投じる資金とは別に、家族が暮らしていくための生活資金は確保しておくことが大切です。共働き世帯では、夫が起業して会社を軌道に乗せるまでの期間は、妻の収入を生活費に充てる(妻が起業する場合は、その逆)など、家族の協力も必要になってきます。

そうした状況から、事業を軌道に乗せるまでのタイムリミットは「2年前後」と言われていますが、月々の固定費を抑えたスモールビジネスに徹することで、事業の失敗確率は下げることができます。

新規開業者(2年経過時点)の平均月収は、男性が39.2万円、女性が25.1万円(出所:日本政策金融公庫)ですが、スモールビジネスでも、利益率の高い事業を掘り当てることにより、月収100〜200万円を稼いでいる人達もいます。それだけに、事業テーマやビジネスモデルへの着眼点が重要となってきます。


この記事の核となる項目

 ●1勝9敗で新規事業を成功させる発想と方法
 ●賢い起業準備の方法と手順について
 ●ベンチャー企業の資金繰りと資本政策について
 ●M&Aで評価されるスモールビジネスの価値と経営者の出口戦略
 ●株式よりも安定した利回りを狙う社債投資と中小企業の資金調達
 ●ステップ別に考える起業資金の調達方法とベンチャー事業の実現
 ●マムプレナーが生み出すスモールビジネスと新市場の発想力
 ●安全志向で増えるチキン起業とパートタイムビジネスの接点


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2014.3.14
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

■この記事に関連したバックナンバー
 ●新規事業計画におけるニッチ市場の掘り起こしとセンスの磨き方
 ●若年の起業とは異なるシニア起業の事業モデルと収益プラン
 ●スタートアップ企業が数億ドルで売買される仕組みと価値の創造
 ●10代で「自分のビジネス」を持つハイスクール起業家の台頭
 ●母親ファンを味方につけて成長するマムプレナーの事業モデル
(起業家の成功法則) / (トップページ) /(JNEWSについて)