起業家のための成功法則
  
Top > 起業家のための成功法則
  住宅ローンの中には、契約者が万が一、死亡した時に備えて団体生命保険が組み込まれている。これは投資用の賃貸物件にも適用されるもので、上手に活用するとリスクが低い不動産投資をすることができる。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
生命保険で借金をチャラにする
マイホーム購入計画と投資術
written in 2006/9/10

 大手消費者金融業者が債権回収のために借り手に生命保険をかけていた問題が毎日新聞で報じられている。大手5社で保険金の支払いを受けた件数が昨年度1年間で延べ3万9880件あり、このうち自殺によるものは判明しているだけでも3649件に上ることが分かったというものだ。借金苦による自殺の割合が高いというのは消費者ローンの金利の重さや取り立ての厳しさを物語っているが、ローンの貸し手が借り手に対して保険をかけて、万が一、借り手が死亡した際には保険金でローン残高を回収するという方法は、なにも消費者金融だけでなく、普通の銀行でもよく行われていることだ。

一見すると、ローンの貸し手が借り手に保険をかけることは悪徳と思うかもしれないが、この制度があるからこそ、後に残された家族は本人の借金を背負わなくても済んでいる。これは「団体信用生命保険」という制度で、ローンを借入れた本人が死亡または重度の障害を抱えてしまった場合には、保険金が支払われることによってその債権が完済される仕組みだ。団体信用生命保険(団信)はマイホームを建てる際の住宅ローンにも導入されていて、通常はローン金利の中に保険料が含まれているために、ローン契約者が改めて保険の申込をしなくても、万が一の時には、保険金によってローンが弁済されるようになっている。

極端なことを言ってしまうと、団信は自分の借金を自分の命で清算できる制度であり、その利点を知ると多額の住宅ローンを背負うことの心理的な負担が軽くなる。さらに団信を積極的に活用することによって、攻めのマイホーム購入や、不動産投資ができるようになることは、一部の人達にしか知られていない。そこでは具体的にどんなことが展開されているのかを紹介してみよう。
起業家のための成功法則一覧へ

この記事の核となる項目
 ●団体信用生命の活用で変わる持家と賃貸住宅の損得勘定
 ●夫の死後に変わる住宅コストの考え方
 ●家族に家賃所得を遺す団信制度の活用法
 ●団体信用生命保険を活用した不動産投資のやり方
 ●ローン商品の仲介をする専門家、ローンブローカーの実像
 ●消費でなく投資へと動きはじめる消費者の心理と金融資産の行方
 ●需給を先読みした新しい賃貸ビジネスによる副収入の狙い方
 ●貧乏人ほど高い買い物をすることになる金利マジックの話


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2006.9.10
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

■この記事に関連したバックナンバー
 ●消費を牽引するローン事業の台頭と住宅ローン改革への商機
 ●売り手の都合で決まる住宅価格のカラクリと水面下で眠る過剰在庫
 ●変化する無借金経営に対する価値観と企業に与えられる信用力
 ●労働環境の変化が後押しするマンション市場とマイホームの流動性
 ●生命保険業界にみる歩合給外務員の営業戦術と実力主義の弊害
 ●顧客獲得ルートがリアルからネットへと変わる住宅業界の革命
 ●競売に殺到するマイホーム購入者を狙った不動産オークション事業