起業家になるためのノウハウ集

     
Top > 起業家のための成功法則
 
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読

配信先メールアドレス



JNEWS MENU

トップページ

注目の新規事業テーマ

海外ネットビジネス事例
国内ネットビジネス事例

儲かる商売の裏側

JNEWS LETTER
  ・2週間無料体験
  ・正式購読案内
  ・バックナンバー
   (会員専用)
  ・勉強会の活動報告
  ・FAQ:よくある質問
  ・会社案内

起業家のための
 成功法則

ビジネスイベント情報

SOHO
 インターネットワーク

業界
 プレスリリースボード

マーケットリサーチ

特集(テーマ別)
  ・ コマースノウハウ
  ・健康関連ビジネス
  ・携帯電話・モバイル

手堅く稼ぐことが魅力の
日銭商売に適した飲食店経営の形
written in 2003.7.21

 成功する商売の考え方は経営者によって様々だが「大きく稼ぐことよりも失敗した時のリスクが少ない商売を志す」という考え方には一理ある。バブルの時代にはハイリスクでハイリターンを狙おうとする商売が体勢を占めていたが、その後は銀行の貸し渋りなどもあって、まず「ローリスクであること」が評価される時代へと変化している。

昔から「日銭商売は手堅い」とよく言われているが、その理由には奥深いものがある。毎日少額ずつでも現金が着実に入ってくる商売であれば、好不況の波にも対応しやすく“大損”をすることは少ない。銀行が日銭商売を診断する際には、取引先(顧客)からは現金で代金を回収するため、商品の仕入れ先などにも現金払いができて買入債務が貯まりにくい点を評価する。また口座に日々の現金売上が入金されていれば、その推移で業績が把握できるために信用力が高まる。そのためレジの中に貯まった売上現金は週に1回のペースで銀行に入金するよりも、夜間金庫などを利用して、毎日のペースで銀行口座に入金した方が、銀行からの評価は高くなる。

「日銭商売」として代表的なものとしては飲食店経営がある。一日の売上は席数によって限界があるものの、毎日の売上が現金によって入ってくるため売掛債務を抱えるリスクは少なく、人気のある店ならば着実に稼いでいくことが可能だ。そのため脱サラ・独立して飲食店経営をはじめようとする人も多いが、最も開業希望が多いのはラーメン・うどん・そば、など麺類の専門店といわれる。


この記事の核となる項目
 ●採算面からみる麺類店の経営ノウハウ
 ●人気飲食店が陥りやすい経営悪化の流れとは
 ●小資本でも高級志向を演出できる隠れ家的な完全予約店の採算性
 ●原価率の違いから判断する各種飲食業界への参入ポイント
 ●共働き世帯が健康志向で選ぶパーソナル・シェフサービス


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2003.7.21
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。



これは正式会員向けJNEWS LETTER 2003年7月21日号に掲載された記事のサンプルです。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料(個人:月額500円、法人:月額1名300円)による情報提供をメインの活動としています。JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。
 
JNEWS LETTER 2週間無料体験購読
   配信先メールアドレス



Copyright(c) 2003,2004 Japan Business News