地産地消のオリジナル料理を作る店が多数して、同じスペースで食べられる「フードホール」の業態が米国で急成長。商業施設にとっては新たな集客の場として積極的な誘致活動が進められている。
新たな食体験を提供する「フードホール」の新業態

JNEWS会員配信日 2017/10/4

 米国ではショッピングモールや大型スーパーの中にある「フードコート」を進化させた「フードホール(Food Hall)」という新業態が考案されて、2016年頃から飲食ビジネスの新たなトレンドとして大注目されている

従来のフードコートは、買い物中の空腹を満たす目的の、リーズナブルな軽食メニューが中心だ。それに対してフードホールは、その地域で獲れた食材を使った、ローカルで健康志向の高いレストランコンセプトの店が、同じ場所に集められている。フードホールが誘致される場所は、大型商業施設や駅構内の他に、美術館や文化的な価値がある旧倉庫などが改装されるケースもある。

飲食サービスの形態は、各店舗のカウンターで注文をして料理を受け取り、ホール内のテーブルやカウンター席で食事をする。そのため、複数の店で料理を注文して食べ比べをする楽しみ方もできる。料理の内容は、堅苦しくないファストカジュアルだが、コダワリの食材や調理法により、他では食べられないグルメフードとなっている。

たとえば、ニューヨークのブルックリン地区でショッピングモールや映画館などがある複合商業施設の地下に、2017年6月にオープンした「DeKalb Market Hall」は、40店舗のユニークなレストランが出店しているフードホールで、ニューヨーク近郊の畜産農家が生産したチーズ料理の専門店、新鮮な魚介類を素材にしたパエリアの店、有機栽培の野菜だけで調理されるハンバーガーの店などがある。料理の価格は1品あたり10ドル前後が中心だ。


また、シカゴのビジネス地区で2016年にオープンした「Revival Food Hall」は、築100年以上の古いビルを修復した1階部分にあるフードコートで、地元で最も美味しいローカルフードばかりを集める、というコンセプトで運営されている。
たとえば、「Farmer's Fridge」という店は、地元農家から直接仕入れた野菜や果物を素材にした、オリジナルの料理や自家製のヘルシードリンクを提供している。

このフードホールは、予約をすればスペース全体を貸し切ることも可能で、人数の集まるイベントで、参加者それぞれが好きなメニューを食べられるというメリットがある。


 米国の外食業界では、フードホールが昨年から最も成長しているカテゴリーで、2016年末の時点で全米に約100ヶ所がオープンして、2019年までには、その倍に増えると予測されている。消費者が外食をする最近の傾向は、自分が食べたことのない、新しい料理を体験したい、という探究心が大きくなっており、同じ場所で多様な料理を試食できるフードコートは、グルメ消費者の好奇心を駆り立てている。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です。正式会員の登録をすることで詳細レポートにアクセスすることができます記事一覧 / JNEWSについて

この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.10.4
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
食材原価を高めた高級立ち食いレストランの採算性と問題点
eフードビジネスによる中小飲食店の生き残りと再生の方向性
フードマイルを意識したローカルフードビジネスの手掛け方
フードトラックからスタートするナチュラルフードビジネス
FLと人時売上高を基準に組み立てる飲食ビジネスの限界点
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

(注目の新規事業) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年10月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon