AR(拡張現実)の技術を導入して、鏡の中にデジタルの情報を映し出せるスマートミラーは、アパレル店舗の試着室向けの需要が見込まれている。大手アパレルチェーンではスマートミラーを各店舗に大量導入する動きもみられる。
リアルとデジタルを繋ぐ店舗向けARスマートミラー

JNEWS会員配信日 2017/1/17

 高額商品を販売する小売業者ほど実店舗の役割は大きく、ブランド価値を高める上でも、店舗をやり続ける利点はある。ただし、店舗に求められる機能は、昔とは違うため、実店舗の中にも先進的なテクノロジーを導入していくことが必要だ。これは「インストアテクノロジー」と呼ばれて、30~50億ドル(約3,700~5,700億円)の市場になることが見込まれている。

 インストアテクノロジーとして活用できる技術には、来店客のスマートフォンに情報を配信できるビーコンシステム、来店客の性別や年齢、店内の行動パターンを分析できる3Dカメラシステム、商品の在庫数や人気の動向を分析できる電子商品棚(スマートシェルフ)など多岐にわたる。

その中でも、AR(拡張現実)を実店舗に導入することで、消費者のリアルとデジタルの購買行動を結び付けることができる。米スタートアップ企業の「Oak Labs」では、アパレル店舗の試着室にある鏡にAR機能を組み込んだ“スマートミラー”を開発している。

アパレル売り場の試着室は、顧客が商品選びの意思決定をする重要な場所であるが、プライバシーの面から、店員が深くは入り込めない。そこで非対面式の接客システムを導入したいという潜在ニーズが高い。


Oak Labs社のスマートミラーは、顧客が試着室に持ち込んだ服のRFIDタグを介して、商品の詳しい情報を鏡に映し出すことができる。サイズや色違いの在庫状況もミラー上で確認することができ、表示をクリックすれば店員に試着室まで届けてもらえる。試着をして気に入れば、その場でスマホから代金決済を完結させられる。

アパレル店舗では、会員顧客がどの服を試着したのかをデータとして蓄積して、類似の商品が入荷した際には、メールやアプリでメッセージを送信して、自宅からオンライン注文をしてもらうような、オムニチャネル型の販売モデルを構築することにも役立つ。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です記事一覧 / JNEWSについて


この記事の完全レポート
JNEWS LETTER 2017.1.17
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
実店舗からオンラインの買い物へ誘導するショールームビジネス
リアル店舗の役割と機能を変革するオンライン・オフラインストア
無人で客単価を向上させるセルフサービス端末の開発ビジネス
通販客を呼び戻すリアル店舗向け買い物代行サービスの台頭
5兆円超のリアル市場を持つ自販機ビジネスが進化していく形

(注目の新規事業) / (トップページ) / (JNEWSについて)

これは正式会員向けJNEWS LETTER(2017年1月)に掲載された記事の一部です。 JNEWSでは、電子メールを媒体としたニューズレター(JNEWS LETTER)での有料による情報提供をメインの活動としています。 JNEWSが発信する情報を深く知りたい人のために2週間の無料お試し登録を用意していますので下のフォームからお申し込みください。

JNEWS LETTER 2週間無料体験購読

配信先メールアドレス

※Gmail、Yahooメール、スマホアドレスの登録も可
 
Page top icon