注目の新規事業テーマ
  
Top > 注目の新規事業テーマ
  庭がない家庭でも、ベランダや室内でマイクロ野菜を育てられる水耕栽培キットの開発市場が伸びている。照明の当て方や温度調節を工夫することで栽培効率を高めることができ、趣味から飛躍した都市農業の形としても注目されている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

 
JNEWS公式
SNSアカウント

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
趣味+サイドビジネスとして取り組む
マイクロ野菜の水耕栽培
JNEWS会員配信日 2016/6/20

 家庭菜園は、植物を育てることの楽しみと、自分で収穫した野菜を食べることの感動、子どもの教育(食育)にも役立つなど、いくつもの利点がある。ただし、野菜作りをするには土地が必要なことから、家庭菜園を実践しているのは、庭のある一戸建てに住んでいる人に限られてしまうのが実情だ。

しかし近年では、室内で野菜を育てる技術が進化してきたことから、アパートやマンション暮らしの人でも、レタス、トマト、ハーブ類などのミニ野菜を育てて収穫できる水耕栽培キットが各種販売されるようになっている。

水耕栽培の仕組みは、スポンジの培地にミニ野菜の種子をセットして、液体肥料と水だけで育てるもので、発芽から発育するまでの期間は、野菜の種類によっても異なるが、2週間から1ヶ月程度で収穫できるものが多い。

このように水耕栽培された野菜は、米国では「Microgreens(マイクログリーン)」と呼ばれており、2014年に米農務省が25品種(赤キャベツ、パクチー、アマランス、緑ダイコンなど)を調査したレポートによると、熟成栽培された通常の野菜と比べて、ビタミンC、E、カロテンなどの栄養素が約5倍も多く含まれていることが明らかになっている。

マイクログリーンの栄養価が高い理由は、人工の蛍光灯や LED照明を常時当てることで、光合成が活発に行われるためとみられている。マイクログリーンの栽培は、収穫までの期間が短く、栄養価が高い、しかも農薬を使わないため安全、という一石三鳥のメリットがあることから、一般家庭が手軽にできる自給自足のスタイルとして流行ってきている。さらにそこから飛躍して、収穫した野菜を収益化する道筋もある。


※日本国内で販売される水耕栽培器「Green Farm」


水耕栽培は、培地の作り方や LED照明の当て方によって栽培できる野菜の品種を増やしたり、品質を高めていくことが可能なため、専門の栽培キットを開発することが、新たなビジネスチャンスとして浮上してきている。 

米国では、ビルや倉庫で空いている小スペースで水耕栽培をする都市農業の形も登場して、オーガニックな食材の新たな供給源として機能しはじめている他、太陽光発電のような投資対象としても注目されている。それがどんな仕組みや事情によって成り立っているのかを詳しく見ていきたい。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です→記事一覧

JNEWS会員レポートの主な項目
 ●家庭向け水耕栽培キットの開発動向
 ●魚飼育と水耕栽培を両立させたシステム
 ●家庭菜園を収益化する方法と視点
 ●家庭菜園に適した高収益作物の特徴
 ●新たな都市農業と自産自消のスタイル
 ●食糧問題の陰に隠れた自給生産者の台頭
 ●フードマイルを意識したローカルフードビジネスの手掛け方
 ●自宅のニワトリが産んだ卵を毎朝食べる自給自足の新スタイル
 ●知財ビジネス化した農業と子孫を残さないハイパー野菜
 ●有機農業を追い風に成長するミミズ飼育のサイドビジネス

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2016.6.20
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ



(注目の新規事業) / (トップページ) / (JNEWSについて)