注目の新規事業テーマ
  
Top > 注目の新規事業テーマ
   
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter
ソーシャルブックマーク
JNEWS.com を Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマーク
JNEWS.com を はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
JNEWS.com を livedoorクリップに追加 livedoorクリップ

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
眠れるモノ資産の価値を再生する
新卸売りビジネスの役割
written in 2010/2/18

 ネットオークションで、安値に放置されていたロレックスの時計を偶然見つけた。落札すればかなりのお買い得と言えるが、もしかすると偽物ではないか?という不安がある。ロレックスは“最も価値の高い時計”と言われる一方で、精巧なコピー品も紛れているため、中古品を購入する場合、特に個人間の取引では注意が必要だ。

信頼できそうな出品者が、新品からずっと自分で使っている時計だから間違いないと言っても、ロレックスはメンテナンスや修理の際に、時計職人が純正以外の部品を使うだけで価値が半減してしまうため、売り手に悪意は無くても、ワケあり品を掴まされてしまうことが少なくない。

そんなリスクを最小限に抑えて、本物のロレックスを安く入手する裏技がある。それはネットオークションで落札して、現物が届いた即日に、質屋に持ち込んで買い取り金額の査定をしてもらうのだ。鑑定のプロとして飯を食っている質屋が“本物”と判断すれば、おそらく本物である可能性が高い。逆に、偽物やワケあり品であることがわかれば、出品者にクレームの申し立てをして返金をしてもらうのだ。

ただし質屋が「本物」と判定しても、巧妙な偽物である確率がゼロとは言い切れない。そこでもっと信頼性の高い安心を得たいのであれば、全国に何カ所かあるロレックスの正規サービスセンターにメンテナンスを依頼すればよい。ベルト調整程度であれば無料で応じてくれるが、本物以外の偽物は受け付けてもらえないことになっているため、そこでメンテが受けられたということは、ロレックス本家が“本物”と判定したことと同意と解釈できる。

ロレックスが数ある時計の中でも、長年にわたり王様として君臨して、換金価値が衰えないのは、真贋鑑定や査定評価のネットワークが世界中で確立しているためである。しかし、そうした価値を鑑定できるのは、一部の人達に限られるため、質屋以外で、銀行などがロレックスを担保に融資をすることはない。

時計に限らず、価値を正しく評価できないために“資産”として扱えないというモノは多い。一般家庭の中にも、様々な家財道具があるが、それらの価値は二束三文という扱いだ。全国消費実態調査によると、1世帯あたりの家計資産額は平均 3,900万円という水準だが、その大半は不動産と預金で占められており、家財道具の資産価値は約90万円しかないのだ。

《1世帯あたり家計資産額の内訳》
    1世帯あたり家計資産額の内訳

これと同じことは、企業が保有している資産(動産)にも言えることで、小売業なら、それが在庫商品、製造業なら機械設備に該当する。経済産業省の報告によれば、国内企業が帳簿の上で記載しているモノ資産の総額は 約140兆円という規模だが、これをイザという時に売却しようとすると、半値から3分の1以下の価値にしかならないのが実態。それをもっと高値で換金できるサービスがあれば、企業の資金繰りは今よりもかなり楽になる。それを実現させるビジネスが米国では各種登場してきている。
注目の新規事業一覧へ

この記事の核となる項目
 ●小売業の在庫品を換金する新たな卸売業の台頭
 ●全国小売業者(39万社)が保有する資産の内訳
 ●小売店在庫の換金ルートとなる新卸業者の仕組み
 ●銀行や債権者を顧客とする新卸売業のビジネスモデル
 ●モノ資産を換金する専門職、リクイデーターの存在
 ●リクイデーターによるオークションビジネス
 ●船舶リクイデーターによるヨット清算の流れ
 ●動産換金市場で活躍する鑑定士とオークショニアの専門
 ●担保品の鑑定からわかるモノの価値
 ●換金相場が変動する衣料在庫の監視ビジネス
 ●廃業する工場設備を清算するオークショニア
 ●マイホーム資産を守れ!目減りする“我が家”の担保価値
 ●70兆円を超す担保品の換金ビジネスに向けた商機と発想


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2010.2.18
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。

■この記事に関連したバックナンバー
 ●苦しくても廃業できない経営者の事情と会社の資産価値
 ●商品の時価を判定する相場情報データベースの運用ビジネス
 ●消費者ローンの失墜で見直される質屋の商売とモノの価値
 ●素人ブローカーの参入で活気付く転売ビジネスの仕組み
 ●趣味と実益を兼ねたコレクションへの投資による資産の築き方
 ●都市鉱山から使用済み携帯電話を回収するビジネスモデル
 ●クリエイターの著作物を担保にした知財投資ビジネスの光と陰