注目の新規事業テーマ
  
Top > 注目の新規事業テーマ
   
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

Google

 
WWWを検索
JNEWSを検索
中古車オークション代行業にみる
新たなフィービジネスの可能性
written in 2005/9/23

 中古車業界では「買取専門店」という業態が登場して、ディーラーに下取りに出すよりも高く買取ってくれるサービスが定着した。買取専門店ではディーラーの査定価格よりも高い価格で顧客から車を買取り、業者オークションで現金化することでそのマージンを稼いでいる。この業界では「業者専用オークション」という車の売却ルートが確立しているため、事故歴のない車であれば買取った在庫車を現金化できないということはまずない。そのため、車の査定能力と買取資金さえ確保できれば、買取専門店はそれほど難しい商売ではない。

例えば、2003年式クラウンアスリート(新車価格 426万)のディーラー下取り価格は約290万円(2005年9月時点)だが、業者オークションでの取引相場は約320万円と差がある。そこで買取専門店ではディラー査定より10万円高い 300万円で顧客(個人)から車を買取れば、オークションに出品することで20万円の差益を稼ぐことができる。オークションでその車を仕入れた中古車業者は約30万円の粗利を乗せた 350万円のプライスカードを付けて店頭販売する。このように中古車業界では、一台の車に対して何通りもの“値付け”がされて末端のユーザーへと流通していく。その中で中古車取引の基準値となるのは、業者オークションにおける取引相場である。

この流通ルートを把握して、賢明な消費者が少しでも安く中古車を購入したいと考えれば、オークション会場から直接落札することが得だと気付くはずだ。そこで顧客からの注文に応じて希望の出品車を落札する「オークション代行業者」が存在している。彼らは店舗や在庫を持たずに、業者オークションへの参加のみで商売をするため、既存の中古車業者からは疎まれてきたが、最近ではユーザーからのオーダーが急速に増えて、新たな業態として確立しつつある。
注目の新規事業一覧へ

この記事の核となる項目
 ●中古車オークション代行の仕組みと利点
 ●ストックビジネスからフィービジネスへ転換する中古車業界
 ●買取り専門ビジネスにおける有望商材の捉え方と買取りノウハウ
 ●無在庫・予約型へと変貌する中古車販売業界の構造と動向
 ● SOHOへの人気が高まる中古車輸出ビジネスの仕組みと問題点
 ●過去最高益の影に潜む自動車業界の憂鬱からみる国内市場の停滞


この記事の完全情報はこちらへ
JNEWS LETTER 2005.9.23
※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。