ビジネスモデル事例集
  
Top > ビジネスモデル事例集
  男性客向けに服のコーディネート販売が伸びている。サブスクリプション型のオンラインショップがシャツ、上着、パンツ、靴などをセットでコーディネートして発送、気に入った商品だけを購入できる仕組みが人気になっている。
JNEWS LETTER
2週間無料体験購読
配信先メールアドレス

Counter

RDF

twitter

Google

WWW を検索
JNEWS.com を検索
買い物下手な男性に向けた服の売り方と
サブスクリプション機能
JNEWS会員配信日 2015/11/8

最近では、会社の職場でも「スーツにネクタイ」という定番のスタイルが崩れてきていることから、男性も服のバリエーションを増やしていく必要が高まってきている。しかし、女性は「服を買うこと」自体を楽しめるが、男性は「自分に似合う服を買うことが難しい」と考えている傾向があり、衣類の買い物をすることが苦手だ。

そのため、自分で服を選ぶ必要がないコーディネート型の販売モデルが伸びてきている。

米シカゴで運営される「Trunk Club(トランククラブ)」は、自分のサイズ、好きなファッションスタイル、服の用途(ビジネス、プライベート)などを指定すると、スタイリストが160ドル〜350ドル程度の予算で、シャツ、上着、パンツ、ベルト、靴などのアイテム(10〜15点)をすべてコーディネートして、1つのボックスに詰めて発送する。利用者は自宅で試着をして、気に入れば丸ごと購入しても良いし、気に入らないアイテムだけを返品することもできる。

Trunk Clubのビジネスモデルは、2013.10.5号で紹介したことがあるが、その後2014年には、米高級百貨店のノードストロームが 3億5,000万ドル(約370億円)で買収している。百貨店にとって、洋服にある程度の予算をかけられる男性は非常に欲しい客層で、Trunk Clubはそれに該当する固定客を大量に獲得していることが、高額での買収に結びついた形だ。(この内容はJNEWS会員レポートの一部です)



JNEWS会員レポートの主な項目
 ●生活分野で成長するサブスクリプション業界
 ●習慣性の高いコーヒーのサブスクリプション販売
 ●アレルギーフリーの食材を探す潜在顧客層
 ●固定客として定着しやすい男性の購買特性
 ●既存ストアーが導入する定期購入サービスの仕組み
 ●サブスクリプション機能のプラットフォーム開発
 ●身の回りの買い物をアシストするパーソナルアシスタントの役割
 ●フリーの客を優良顧客へ誘導するサブスクリプションの重要性

この記事の完全レポート
 ・JNEWS LETTER 2015.11.8
 ※アクセスには正式登録後のID、PASSWORDが必要です。
 ※JNEWS会員のPASSWORD確認はこちらへ

この記事に関連したバックナンバー
 ●サブスクリプション型で生まれ変わる小売業のビジネスモデル
 ●返品OKでオンラインコーディネートする洋服の販売モデル
 ●洋服選びをサポートするパーソナルショッパーの独立開業モデル
 ●ファストファッションの次に訪れるアパレル業界の革命的潮流
 ●開業コストを抑えて走行するファッショントラックの起業モデル



(ビジネスモデル事例) / (トップページ) / (JNEWSについて)